『ローグ・ワン』総興行収入で『シビル・ウォー』超えなるか?北米では2016年のベスト2確定、鍵を握るのは中国市場

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が好調である。昨年12月16日の公開以来、北米では興行収入を伸ばしつづけており、2016年公開の映画としては『ファインディング・ドリー』に次ぐ第2位の記録を収めることになりそうだ。

『ローグ・ワン』米国でロケットスタート!2016年最速の出足、予約開始数分で数千枚を販売

Box Office Mojoによると、『ローグ・ワン』は公開から15日間で、北米では約3億9,355万ドルの興行収入を達成したという。海外では約3億1,250万ドル、総興行収入は約7億605億ドルに達している。一方、2016年に公開された作品のうち、北米・海外を合わせた総興行収入でトップを走るのは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』だ。北米で約4億808万ドル、海外で約7億4,522万ドルを記録し、合計では約11億5,330万ドルを稼ぎ出している。

北米収入のみで考えた場合、『ローグ・ワン』が現在のペースのまま興行収入を伸ばしていくと、少なくとも約4億4,100万ドルには達する見込みだという。うまくいけば約5億ドルを記録するのではないかとも予想されているだけに、現時点で『シビル・ウォー』超えは間違いない状況だ。現在北米第1位である『ファインディング・ドリー』(約4億8,629万ドル)の記録を超えることも夢ではない。とはいえ北米の興行収入ランキングでは、第1位『ドリー』第2位『ローグ・ワン』第3位『シビル・ウォー』という順位になる可能性が濃厚だろう。

もっとも『シビル・ウォー』の場合、北米以外でも高い収入を記録したことが、総興行収入で『ドリー』をおさえて第1位にランクインする結果につながっている。たとえ『ローグ・ワン』が北米で『シビル・ウォー』を超えたとしても、同作を総興行収入で超えるには、これから北米以外でも約4億ドルを稼ぐ必要がある。いささか厳しい数字にも思われるが、いまや一大映画市場である中国では2017年1月6日に劇場公開されるため、追い上げにも十分期待できる状況だ。ドニー・イェン&チアン・ウェンのコンビが中国でどんな効果を生むかも未知数のため、最終的な判断を下すにはまだ早かろう。

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は劇場公開中。ちなみに日本では『妖怪ウォッチ』や『バイオハザード:ザ・ファイナル』に押され気味で、ちょっと寂しいところである。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』DVD/Blu-rayは2017年4月発売?

source: http://comicbook.com/2017/01/01/rogue-one-passes-captain-america-civil-war-becomes-2nd-highest-g/
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=starwars2016.htm  http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=marvel2016.htm
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=pixar2015.htm
Eyecatch Image:http://www.starwars.com/databank/scarif
http://fanfest.com/2016/04/25/marvel-releases-new-captain-america-civil-war-posters/
http://www.starwars.com/news/rogue-one-a-star-wars-story-poster-revealed-and-trailer-announced-on-the-star-wars-show
© 2016 Marvel All rights reserved.
© Disney
TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。