Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』新実写映画『ローグ・スコードロン』製作に遅れ ─ パティ・ジェンキンス監督のスケジュールが埋まっていたため

パティ・ジェンキンス
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/29888573258/ Remixed by THE RIVER

スター・ウォーズの新たな実写映画として注目を集めていた企画『ローグ・スコードロン』の製作が遅れることがわかった。監督を務めるパティ・ジェンキンスのスケジュール都合だ。米The Hollywood Reporterが伝えている。

『ローグ・スコードロン』は『ワンダーウーマン』シリーズのパティ・ジェンキンス監督のもと、2022年の製作開始に向けて、2021年末にもプリプロダクションに入る予定だった。ところがジェンキンスの2022年のスケジュールが他の作品で埋まっていることが判明したため、製作予定がいったん棚上げに。ジェンキンス監督が他作品を終え次第、本作に着手するという。現在のところ、2023年12月22日を予定する米公開日に変更はないというが、今後動きが生じる可能性もある。

ジェンキンスには今後、DC映画『ワンダーウーマン』シリーズ第3作が控えているとされるが、こちらの米公開予定や製作時期は不明。ジェンキンスが『ロード・スコードロン』と『ワンダーウーマン3』のどちらを先に手がけるのかはわからなかったが、この度の報道を受けると、『ワンダーウーマン3』が先行する可能性もある。

ジェンキンスはほかにもう一作、『ワンダーウーマン』ガル・ガドットを再起用して古代エジプト女王を描く『クレオパトラ(原題)』も監督予定。こちらの米公開や製作予定も同じく不明だが、同企画が報じられた際、製作陣は急ピッチで準備を進めているとされた。このことから、『クレオパトラ』が『ローグ・スコードロン』や『ワンダーウーマン3』の前に滑り込みで入ってくることも考えられる。

『ローグ・スコードロン』は新世代のファイター・パイロットたちの物語を描く内容で、脚本は既に出来上がっていると見られる。ファンとしては、スケジュールの都合で慌てて製作するのでなく、品質を追求して充分な時間を確保していただきたいところだ。

Source:The Hollywood Reporter

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly