Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』新映画『ローグ・スコードロン』脚本が完成間近 ─ パティ・ジェンキンス監督が進捗語る

パティ・ジェンキンス
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/29888573258/ Remixed by THE RIVER

スター・ウォーズ』の新たな実写映画『スター・ウォーズ:ローグ・スコードロン(原題:Star Wars: Rogue Squadron)』の脚本がまもなく完成となるようだ。

本作は、『ワンダーウーマン』シリーズのパティ・ジェンキンス監督が手がける注目企画で、新世代のファイター・パイロットたちの物語を描く内容。脚本は『ウソから始まる恋と仕事の成功術』(2009)『ラブ&モンスターズ』(2020)のマシュー・ロビンソンが執筆中だと報じられたばかりだが、ジェンキンス監督が米The Hollywood Reporterのインタビューに語ったところによると、現在は既に「脚本を仕上げているところ」という段階にあるという。

「万事順調に進んでいます。『スター・ウォーズ』の新章を手がけられることがすごく嬉しい。新しいことを始めさせてもらえるのは責任を感じますし、すごい機会だと思います」。

就任が発表されたのは2020年12月のことだが、この発表の半年前からプロジェクトに取り組んでいたというジェンキンス監督。現在のところ製作は電話やZoomといったリモート環境で進めている模様だ。「誰が何をやっていて、何がどういうことになるのか、以前にどういうデザインがなされていたのか」はしっかり把握しつつ、「やりたいストーリーを、やりたいようにやらせてもらっている」と製作上の自由を語っている。ジェンキンス監督ら製作陣のテイストがしっかりと活きた『スター・ウォーズ』になりそうだ。

題材となる「ローグ・スコードロン」といえば、過去にはゲーム『スター・ウォーズ 出撃! ローグ中隊(原題:Star Wars: Rogue Squadron)』や、コミック『Star Wars: X-Wing Rogue Squadron(原題)』が存在するが、本作はそれらとは独立したオリジナルストーリー。ジェンキンス監督は、パイロットだった父親の存在にインスピレーションを受け、“史上最高の戦闘機パイロット映画”を作りたいとの意欲を明かしていた。

本作は2023年12月22日に米国公開予定で、撮影は2022年に実施予定。プリプロダクション(撮影準備)は2021年秋の開始を目指しているという。

Source:The Hollywood Reporter

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly