Menu
(0)

Search

ウェス・アンダーソン『フレンチ・ディスパッチ』日本公開決定 ─ ベニチオ・デル・トロ&ティモシー・シャラメ&ティルダ・スウィントンら豪華共演

フレンチ・ディスパッチ
©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014)などのウェス・アンダーソン監督最新作『The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun(原題)』が、『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』として、2022年に日本公開することが決定した。あわせて、ポスタービジュアルも到着している。

カンヌ国際映画祭(2021年7月6日〜17日開催)、コンペティション部門に出品されている本作は、20世紀フランスの架空の街にある米国新聞社の支局で活躍する一癖も二癖もある才能豊かな編集者たちの物語。ストーリーは3部構成で展開し、画面のいたるところには、ウェス・アンダーソンらしいユニークな演出が散りばめられている。

フレンチ・ディスパッチ
©2021 20th Century Studios. All rights reserved.
フレンチ・ディスパッチ
©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

出演者には、ベニチオ・デル・トロティモシー・シャラメ、ジェフリー・ライト、エリザベス・モスといったウェス作品初参加の俳優陣に加え、レア・セドゥ、マチュー・アマルリックらフランス勢、さらにフランシス・マクドーマンド、エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン、シアーシャ・ローナンらアカデミー賞でも活躍の常連組、オーウェン・ウィルソン、ビル・マーレイ、リーヴ・シュレイバー、エドワード・ノートン、ジェイソン・シュワルツマンといったウェス作品常連組も名を連ねている。

このたび公開されたポスタービジュアルは、劇中に登場する架空の新聞、「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」の表紙にちなんだ仕様。独特の作風で描かれた個性豊かなキャラクターたちと、錚々たる豪華俳優陣の姿、そして街のなかでは何か一波乱が巻き起こっている様子から、さまざまな想像を掻き立てるビジュアルとなっている。

フレンチ・ディスパッチ
©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

映画『フレンチ・ディスパッチ』は、2022年公開予定。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly