Menu
(0)

Search

ウェス・アンダーソン『フレンチ・ディスパッチ』日本公開決定 ─ ベニチオ・デル・トロ&ティモシー・シャラメ&ティルダ・スウィントンら豪華共演

フレンチ・ディスパッチ
©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014)などのウェス・アンダーソン監督最新作『The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun(原題)』が、『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』として、2022年に日本公開することが決定した。あわせて、ポスタービジュアルも到着している。

カンヌ国際映画祭(2021年7月6日〜17日開催)、コンペティション部門に出品されている本作は、20世紀フランスの架空の街にある米国新聞社の支局で活躍する一癖も二癖もある才能豊かな編集者たちの物語。ストーリーは3部構成で展開し、画面のいたるところには、ウェス・アンダーソンらしいユニークな演出が散りばめられている。

フレンチ・ディスパッチ
©2021 20th Century Studios. All rights reserved.
フレンチ・ディスパッチ
©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

出演者には、ベニチオ・デル・トロティモシー・シャラメ、ジェフリー・ライト、エリザベス・モスといったウェス作品初参加の俳優陣に加え、レア・セドゥ、マチュー・アマルリックらフランス勢、さらにフランシス・マクドーマンド、エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン、シアーシャ・ローナンらアカデミー賞でも活躍の常連組、オーウェン・ウィルソン、ビル・マーレイ、リーヴ・シュレイバー、エドワード・ノートン、ジェイソン・シュワルツマンといったウェス作品常連組も名を連ねている。

このたび公開されたポスタービジュアルは、劇中に登場する架空の新聞、「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」の表紙にちなんだ仕様。独特の作風で描かれた個性豊かなキャラクターたちと、錚々たる豪華俳優陣の姿、そして街のなかでは何か一波乱が巻き起こっている様子から、さまざまな想像を掻き立てるビジュアルとなっている。

フレンチ・ディスパッチ
©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

映画『フレンチ・ディスパッチ』は、2022年公開予定。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly