Menu
(0)

Search

スター・ウォーズ『ローグ・スコードロン』はオリジナルストーリー、パティ・ジェンキンス監督が明かす「興奮しています」

パティ・ジェンキンス
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/29888573258/ Remixed by THE RIVER

2020年12月10日(現地時間)、『スター・ウォーズ』の世界待望の新たなる映画、『ローグ・スコードロン(原題:Rogue Squadron)』が発表された。監督を務めるパティ・ジェンキンスによると、本作は“オリジナルストーリー”になるという。

本作は新世代のファイター・パイロットたちを主人公に、壮大な銀河を悪から守る姿を描く作品。『ローグ・スコードロン』といえば、1998年には『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977)と『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980)の間の世界を舞台に、本作と同じ反乱同盟軍の飛行部隊を描いたゲーム『スター・ウォーズ 出撃! ローグ中隊(原題:Star Wars: Rogue Squadron)』や、コミック『Star Wars: X-Wing Rogue Squadron(原題)』が存在する。

しかし、米IGNのインタビューにて、パティ・ジェンキンスは「ゲームやコミックからの影響を受けながらも、オリジナルなことをやっています」と明かしている。「それら全てに沢山の素晴らしい要素があることは承知していますが、これはオリジナルストーリーで、取り組めることに興奮しています」。

ちなみに、『スター・ウォーズ』の映画作品で女性が監督を務めるのは、パティ・ジェンキンスが初めて。また、監督の父親も同じく戦闘機のパイロットで、監督の代表作『ワンダーウーマン』シリーズにもスティーブ・トレバーというパイロットが登場する。パイロットには、監督の強い思い入れがあるようだ。

映画『ローグ・スコードロン(原題:Rogue Squadron)』は、2023年クリスマスに米国公開予定。

あわせて読みたい

Source: IGN

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly