『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督、マーベル映画を「バカげてる」と痛烈に批判!その真意を読み解く

代表作『インデペンデンス・デイ』の続編、『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の公開を前に、ローランド・エメリッヒ監督がマーベル映画を痛烈に批判した。

「私の映画では、いつも冴えない奴がありえないヒーローになる。マーベル映画の多くでは、人々が変なスーツを着て走り回っているが、私はマントを着てる人が好きじゃないんだ。人がスーパーヒーロー・スーツを着て飛ぶなんてバカげてると思うよ。理解できない。私がドイツで育ったからかもしれないな」

マーベルはフランチャイズ?

しかし、なぜエメリッヒ監督はこうした発言をするに至ったのだろうか? 90年代に大作映画でヒットを飛ばした過去ゆえ、近年のアメコミ映画には思うところがあるのか、それともプロモーションのための単なるパフォーマンスか。しかし発言の裏側には、監督の映画業界への疑いがあったようだ。

「たとえばファッション業界の場合、小さなブティックはほんの少ししかなくて、あとはGapのようなビッグ・フランチャイズだ。すべてのブランドはフランチャイズになるか、さもなくば潰れてしまうだろう」

エメリッヒ監督は、これと同じ状況がハリウッドでも起きていると考えている。すなわち、かつての作品に更に予算をつぎ込んだ映画を延々と製作している、というのだ。監督は、「1960年代に大作映画が次々失敗するなか、『イージー・ライダー』のような小さな映画が年間最大のヒットを記録した、そんな状況が再びやってくるかもしれない」と予測する。そして、「私は独創的なアイデアこそを強く信じる」というのだ。

ドイツで育つとそうした考えになるのかはよくわからないものの、エメリッヒ監督には、「マーベル・シネマティック・ユニバース」なるプロジェクトを掲げて、自社コミックから大作映画をつぎつぎ製作するマーベルは「ビッグ・フランチャイズ」にしか見えないのだろう。考えは理解できるが、自身が『大作SF映画』の『続編』を手がけたタイミングでのこの発言がどう映るかは、人によって意見が分かれそうだ。

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』には、前作で主人公のヒラー大尉を演じたウィル・スミスは出演しない。エメリッヒ監督は、その理由を「彼は有名すぎるしギャラが高すぎる」と説明しており、ヒラー大尉は事故死した設定となっている。

ちなみに『~リサージェンス』の撮影期間中、ウィル・スミスは、バリバリのアメコミ映画『スーサイド・スクワッドに参加していた。こちらはマーベルではなくDCコミックスなので、まあ、エメリッヒ監督も許してあげてほしいところである。

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』は2016年7月9日に日本公開。今回の発言もあり、どんな作品になっているのか、いろいろ楽しみになった方もいるのでは?

source:
https://www.theguardian.com/film/2016/jun/18/roland-emmerich-on-independence-day-resurgence
E
yecatch Image:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%83%87%E3%82%A4-DVD-%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB-%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%82%B9/dp/B01D17EJIM/ref=pd_lpo_sbs_74_img_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=PAAV51BR3PA9YH1K8RFB

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。