Menu
(0)

Search

ヨンドゥ役マイケル・ルーカー、公式Twitterを終了 ― 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ジェームズ・ガン監督の解雇から2日後

©THE RIVER

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのヨンドゥ役、ドラマ「ウォーキング・デッド」(2010-)のメルル・ディクソン役で知られる俳優マイケル・ルーカーが、2018年7月22日(米国時間)、自身の公式Twitterにおける活動を終了した
盟友である映画監督ジェームズ・ガンが、Twitterでの過去の発言を問題視され、新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(邦題未定、原題:Guardians of the Galaxy Vol.3)』を解雇されてから2日後の決断だった。

公式アカウントでは、運用終了の告知とともにルーカーからのコメントが最後に投稿されている。

「このアカウントは本日をもって運用を中止します。私たちは現在進行中のたわごとに疲れ切り、また動揺しています。私も私の代理人も、Twitterを使うことは二度とないでしょう。Twitterは最低だ、もう何もしたくない

親切な言葉をくださった、サポートしてくださった皆さんに感謝します。Instagramでお会いしましょう。
マイケル・ルーカー」

終了のアナウンスに伴って、今後の活動情報はマイケル・ルーカーの公式サイトFacebookInstagramを確認するようにというメッセージが記されているほか、「こうなったことを申し訳なく、そしてみなさんの多くを恋しく思います。#Goodbye」との言葉も残されている。

なお、ルーカーの公式アカウントは少なくとも今後しばらくの間は削除されないものとみられる。プロフィールには「このアカウントは運用されていません。マイケル・ルーカーはTwitterを離れ、戻りません」との但し書きが添えられており、またアイコンの写真にはルーカーとガン監督の2ショット写真が設定された状態だ。

ガン監督の解雇が報じられたのち、ルーカーはこの一件について、公式アカウントを通じて「ジェームズ・ガンは知っている。それが全てだ」とのコメントを発していた。ただし、当該の投稿はすでに削除されている。

Source: Michael Rooker

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly