Menu
(0)

Search

ビンタされたクリス・ロック母、「私たちも叩かれたと同然」とコメント ─ 「何もできなかった、それが母親として一番辛かった」

クリス・ロック Chris Rock
Photo by David Shankbone https://www.flickr.com/photos/shankbone/7169322286

第94回アカデミー賞“ビンタ騒動”は余波が続く。ビンタを振る舞ったウィル・スミスは予定していた作品の中止や延期が相次いでいる

一方、クリス・ロックは予定されていた自身のコメディ・トーク・ツアーを敢行中。2022年4月22日の公演に参加した現地レポーターの報告によれば、当日は2,500人以上の観客でソールドアウト。クリスはステージに登場するや、冒頭に「僕は大丈夫、大丈夫だ。傷やアザも治った。ほとんどね」とだけコメントし、以降は騒動については触れなかったとされる。

米・南カリフォルニアWIS局の番組には、クリス・ロックの母ローズ・ロックがスタジオゲスト出演。約10分間のインタビューの中でローズが家族や子育てについて語る中、話題はビンタ騒動に及んだ。インタビュワーは、少々気まずそうにこの話題を振っている。

息子クリスの現在の様子について尋ねられたローズは、「彼は平気です。まだ(立ち直るための)プロセスの途中ですが。予期しなかったことでしたから」と報告。息子がビンタされる姿を目の当たりにした瞬間について、「彼がクリスを叩いたとき、彼は私たちのことも叩いたのと同然。だって我が子を傷つけたんですから、私も傷つきました」との心境を語った。

ウィルと個人的に面識はないというローズ。「もしもウィルと話すとしたら、彼に何と言いますか」との質問には、「さぁ、どうでしょう。“アンタ、何考えてるの”ですかね」と答えた。

続けて、「叩くだなんて、どうなっていたか分からないんですから。クリスが下がって倒れたかもしれないし、ウィルは連行されて手錠をかけられていたかもしれないんですよ」と事の重大さを危惧し、「奥さんに横目で見られたから、(クリスの元に)行ったんでしょう?あの時、彼女が無理やり笑っていたから」とウィルの行動を指摘している。

式のテレビ中継は自宅で観ていたといい、ビンタの瞬間は「何もできなかった。それが母親として一番辛かった」と吐露。「彼が何歳になろうと、あの子は私のベイビー」と息子を気遣った。

最後に、「クリスとウィルは会って話し合うべきだと思いますか」と尋ねられたローズ。「それは2人に任せるべき」と委ねつつ、「彼(ウィル)のスタッフがクリス・ロックへの謝罪文を用意していたけれど、個人的に謝っていないのが非常に残念。こういうことは個人的に連絡を取るべき」との本音も覗かせた。

ウィル・スミスはアカデミー賞理事会より、10年間の“出禁”処分を受けた。騒動以前はInstagramなどSNSのアクティブユーザーだったが、騒動後の謝罪文を最後に更新は途絶えている。詳しい人物の証言によれば、クリスのジョークを受けた妻ジェイダは夫の行動について「やりすぎだった」と考えているという。

あわせて読みたい

Source:@AnnieRoseNews,WIS

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly