Menu
(0)

Search

ポップカルチャーごった煮『レディ・プレイヤー1』最速レビュー到着!「純粋なエンターテインメント」「スピルバーグをナメちゃいけない」

レディ・プレイヤー1
Photo by Andreas Dantz https://www.flickr.com/photos/szene/9022143613 Remixed by THE RIVER

日本をはじめ全世界の有名キャラクターや、ポップカルチャーを彩ってきた要素がごちゃ混ぜになって登場する、巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作レディ・プレイヤー1。予告編にも小ネタ(イースターエッグ)の数々が散りばめられて映画ファンヤアニメファン、コミックファンを唸らせたが、ついにその全貌が米国で明らかとなった。

2018年3月11日(現地時間)、映画・音楽・インタラクティブをテーマとした巨大フェス「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」の会場にて、本作のワールドプレミア上映が行われ、スピルバーグ監督が登場。観客はスタンディング・オベーションで監督を迎えたという。

『レディ・プレイヤー1』予告編とストーリー

2045年の地球。主人公のウェイド・ワッツ(タイ・シェリダン)は、世界経済の停滞によって厳しい格差社会に直面していた。彼は現実から逃れるべく「OASIS」と呼ばれる仮想現実の世界へ没入するが、あるときOASISの開発者であり億万長者のジェームス・ハリデー(マーク・ライランス)が「世界に隠されたイースターエッグを一番早く見つけた者に全遺産とOASISを譲る」とのメッセージを残して死去。そこにイースターエッグの奪還を狙う組織、IOI(イノベーティブ・オンライン・インダストリーズ)が現れて……。

「長らく、こんなスピルバーグ映画はなかった」

SXSWの会場から到着したのは、日本公開を控える『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(3月30日公開)や『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015)など、近年社会性の強い硬派な作品を手がけることも少なくなかったスピルバーグが、71歳にしてフレッシュな冒険映画を撮りあげたことに対する快哉の声だ。

エリック・デイヴィス氏(Fandango)
『レディ・プレイヤー1』は昔ながらのスティーヴン・スピルバーグ作品。引用やすさまじいエフェクト、最高の80’sサウンドトラックだけでなく、魅力的で、温かくて、ユーモアがあって、アラン・シルヴェストリの音楽もすごくいい。大好きになったし、SXSWの観客もそうだったと思います。こんなふうにSXSWの観客が映画に拍手を送ったことがあったか、僕にはわかりませんから。長らく、こんなスピルバーグ作品はなかった。とにかくピュアなエンターテインメントで、バカみたいな笑顔なしに観るのは難しいでしょう。」

エリック・コーン氏(IndieWire)
「『レディ・プレイヤー1』は、スピルバーグがリュック・ベッソンの映画をいっぱい観て、その全部を超えようとしたかのような作品。純粋なスペクタクルという意味で、ものすごいことをやってのけている。スティーヴンをナメちゃいけない。」

アーロン・モーガン氏(映画監督、脚本家)
『レディ・プレイヤー1』は笑顔と冒険、そして温かみがいっぱい詰まった巨大なスクラップブック。憧れる。」

グレイ・ドレイク氏(Rotten Tomatoes)
「毎秒、完全に夢中になりました。史上最も技術的に素晴らしい作品のひとつです。スピルバーグは、これほどのビジュアル・シンフォニーで指揮を執れる数少ない映画監督。とても多くの観客が楽しむことでしょう。とてもすばらしい。」

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly