Menu
(0)

Search

マーク・ラファロ、『アナと雪の女王2』オラフ役ジョシュ・ギャッドにネタバレを要求 ─ 「全員死ぬの?」

マーク・ラファロ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/14779708516/

『アベンジャーズ』シリーズでハルク役を演じているマーク・ラファロが、『アナと雪の女王』(2013)オラフ役のジョシュ・ギャッドに続編『アナと雪の女王2(邦題未定、原題:Frozen 2)』のネタバレを要求している。

ラファロといえば、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の重大な展開をあっさりバラす、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のプレミア上映で本編の音声を生配信してしまうなど、ことあるごとに公の場でネタバレを繰り出す要注意人物だ。そんな彼がジョシュにネタバレを求めたきっかけは、ジョシュのあるツイートだった。

『アナと雪の女王2』の米国版特報映像が公開されたことをきっかけに、ジョシュは“うっかりネタバレ”の恐怖を告白したのである。「みんなが知りたがってる続編の秘密を(米国公開までの)9ヶ月間、頭の中にしまっておかなきゃいけない。まずい、“マーク・ラファロ”をやらかしちゃダメだぞ」

いまやマーベル映画の関係者だけに限らず、「マーク・ラファロ」とは、ハリウッドにおいて「うっかりネタバレすること」を指す名詞と化してしまったということなのか。しかし、この言い草に黙っておけるラファロではなかった。そう、自分の名前を出されたことと引き換えに、本人から直接ネタバレを引き出してしまえばいいのだ。

マークは尋ねる。「全員死ぬの?DMして」

ストレートすぎた。あまりにもストレートすぎたのだ。もちろん、こうしたやり取りは、コメディアン経験の豊富なジョシュが上手である。「そっちでは指パッチンで起こったことが、こっちではバラードで起こります。これ以上は言えません。あと、サノスがタップを踏む」。

サノスのダンスといえば…

このたび公開された『アナと雪の女王2』の米国版速報映像は、前作とはうってかわったダークな雰囲気がファンの間で話題を呼んでおり、一部では「『アベンジャーズ』っぽい」との声も聞かれているほど。どんな展開が待ち受けているのか予測不可能だが、もしや本当に全員死ぬということも、絶対に、ありえなくは……ない、それだけはない。

ちなみにジョシュが“うっかりネタバレ”の恐怖に戦慄していることは、米Twitterにて「ジョシュ・ギャッド、『アナと雪の女王2』をうっかりネタバレることを超心配(Josh Gad is very worried about spoilering Frozen 2)」というタイトルでモーメントとして取り上げられてしまった。これについて、ジョシュはある要求を繰り出している。

「Twitterは“ネタバレる(spoilering)”という新しい動詞を作るのに僕のことを利用した。間違いない。僕も乗ろう。辞書に僕の名前で例文を載せられないかな?“ジョシュ・ギャッド、『アナと雪の女王2』をうっかりネタバレることを超心配”。」

映画『アナと雪の女王2(邦題未定、原題:Frozen 2)』は2019年11月22日に米国公開予定

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly