Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』ルッソ監督、ドクター・ドゥーム映画化は「保留だと思う」 ─ ディズニーの20世紀フォックス買収で

ドクター・ドゥーム

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)のアンソニー&ジョー・ルッソ監督が、マーベル・コミックの人気ヴィランであるドクター・ドゥームの映画化企画についてコメントした。

ファンタスティック・フォーの宿敵であるドクター・ドゥームの映画化は、2017年7月にサンディエゴ・コミコンにて発表されている。ドラマ「レギオン」(2017-)や「FARGO/ファーゴ」(2014-)のノア・ホーリーが脚本を執筆し、映画版『ファンタスティック・フォー』を手がけた20世紀フォックスが製作を担当する予定だった。

しかし2017年12月、マーベルを傘下に収めるウォルト・ディズニー・カンパニーが20世紀フォックスの買収を発表。コミック「X-MEN」「ファンタスティック・フォー」の映像化権はフォックスが保有してきたが、これを買収後はマーベル・スタジオが握ることになる。ドクター・ドゥームの映画化企画も、現時点では先行き不透明な状況なのだ。

アンソニー&ジョー・ルッソ
アンソニー&ジョー・ルッソ Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Anthony_and_Joe_Russo_by_Gage_Skidmore.jpg

「何がどうなるのかは誰にもわからない」

Business Insiderのインタビューによると、ルッソ監督はドクター・ドゥームの映画化についてノアと直接話したという。ジョー監督はこのように述べている。

「話のついでに、(ドクター・ドゥームについて)ノアと話をしましたよ。ディズニーの事業買収で、何がどうなるのかは誰にもわからないんです。」

インタビュアーの「現時点では保留ということでしょうか?」という質問に対し、ジョー監督は「ええ、そうだと思います」と答えている。

2018年6月、ノアはドクター・ドゥームの脚本執筆がひとまず終了したこと、20世紀フォックスが好意的であることを報告した上で、企画が一時中断されることを明かしていた。これは、ノアが自身の監督作品『Pale Blue Dot(原題)』の撮影に入るためだったが、ディズニーのフォックス買収も大きな要因ではないかとみられる。12月現在、ノアは『Pale Blue Dot』の撮影を終了し、ポストプロダクション(仕上げ作業)に入っているようだ。いずれにせよ、ドクター・ドゥームの企画に進展はないということだろう。

ディズニーのフォックス買収が完了したのち、将来的には、マーベル・シネマティック・ユニバースを手がけるマーベル・スタジオが映画版『X-MEN』を引き継ぐ方針だ。もちろん「何がどうなるのかは誰にもわからない」が、『X-MEN』と同じく、ドクター・ドゥームの映画化企画もマーベル・スタジオによって再検討される可能性が高いだろう。

ちなみに「マーベル・シネマティック・ユニバースでドクター・ドゥームを見てみたいと思いますか?」という質問に、ジョー監督は「ノアが描くドクター・ドゥームを見たいですね。ノアの仕事ならなんでも見てみたい」と答えている。なにはともあれ、映画化の実現を引き続き祈ることにしよう。

2018年12月現在、ルッソ監督とノアは、新作ドラマシリーズ「The Mastermind(原題)」の準備中。これは実話に基づくサスペンスドラマで、三人はプロデューサーとして脚本作業に携わっているということだ。

Source: Business Insider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly