Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』ルッソ監督、故スタン・リーにまつわる企画を進行中 ─ 「ドキュメンタリー以上の作品に」

©THE RIVER

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)『アベンジャーズ/エンドゲーム』のアンソニー&ジョー・ルッソ監督が、2018年11月にこの世を去ったアメコミ界の巨匠、スタン・リーにまつわる作品の企画に携わっていることがわかった。

ルッソ兄弟は『エンドゲーム』のプロモーションのため、韓国・ソウルにて開催されたイベントに登場。インドのメディアIndo-Asian News Serviceの取材に対して、アンソニー監督は企画内容をわずかに示唆している。

「私たちはスタン・リーのことが大好きです。[中略]スタン・リーの人生に魅了されていますし、今はちょっとした企画の開発を進めているところなんですよ。マーベルの歴史における、彼の仕事に関わりのある作品です。まだお知らせしたり、お話ししたりできる段階にはないんですが。ドキュメンタリー以上のものになります。」

アンソニー監督が「お知らせできる段階にない」と述べているとおり、現時点でわかっていることは、ルッソ兄弟がスタン・リーにまつわる企画に関わっていること、それが「ドキュメンタリー以上のもの」であるということにとどまる。いわゆるドキュメンタリーでないとすれば、より伝記映画に近い、フィクションの要素を含んだ作品になるということだろうか。

アンソニー&ジョー・ルッソ
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Anthony_and_Joe_Russo_by_Gage_Skidmore.jpg

これまでスタン・リー本人にまつわる企画としては、2016年、スタンの伝記映画を製作する権利を20世紀フォックスが取得したことが報じられていた。同作もまたいわゆる伝記映画ではなく、スタンを主人公とするアクション・アドベンチャー作品になるといわれていたが、その後の動向は不明。ウォルト・ディズニー・カンパニーと20世紀フォックスの事業統合により、同作の権利もディズニー側に移ったと思われる。ルッソ兄弟の関与している企画と、この伝記映画の企画が同じものかどうかもわかっていない状況だ。

『インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』のほか、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)や『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)の計4作品を手がけてきたルッソ兄弟は、『エンドゲーム』をもってマーベル・シネマティック・ユニバースをしばし離れるという。しかしスタンの企画が完了するまで、もうしばらくマーベル・スタジオとのかかわりは継続されることになりそうだ。詳細はスタジオによる正式発表を待つことにしよう。

スタン・リー、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は登場する?

Source: IANS

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly