Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』スタン・リーのカメオ出演、マーベル社長は否定せず

©THE RIVER

2018年11月にこの世を去ったアメコミ界の巨匠スタン・リーが、2019年夏公開のスパイダーマン:ファー・フロム・ホームにも出演している可能性が浮上してきた。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が語っている。

スタンは生前、すでに『キャプテン・マーベル』(2019年3月15日公開)、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年4月26日公開)の撮影を済ませていたことが判明済み。ただし『エンドゲーム』後の作品となる『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』については情報が明かされていなかった。

このたびケヴィン社長は、米Entertainment Tonightのインタビューにて、スタンが『エンドゲーム』に登場することを改めて認めている。その後、「『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でも見られるんでしょうか?」との質問にはこう応じた。

「どうなるでしょう。私たちは先へ進んでいるところですから――(スタンの出演シーンは)いくつか撮影しました。つまり、最後のいくつかをお見せしているところなんです。」

多くの場合と同じく、ここでケヴィン社長はスタンの『ファー・フロム・ホーム』出演について、はっきりとした事実を明言することはしなかった。したがって「確実に登場する」とは言い切れないのが現状だが、これは登場を否定するものでもない。

『エンドゲーム』のアンソニー&ジョー・ルッソ監督によれば、スタンは複数の作品の出演シーンを同日に撮影することが多かったとされ、『アントマン&ワスプ』(2018)と『エンドゲーム』の出演シーンは同日に撮影されていたという。ただし『ファー・フロム・ホーム』の本撮影は2018年7~10月に行われているため、両作の本撮影とは時期が一致しない。やむを得ずスタンが『ファー・フロム・ホーム』のみの撮影に単独で参加していたとすれば、それが最後のカメオ出演となった可能性もあるわけだ。

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年夏公開

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』公式サイト:http://www.spiderman-movie.jp/

『キャプテン・マーベル』カメオ出演にも注目

Source: ET

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly