Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』第6作『シークレット・ウォーズ』、監督は『エンドゲーム』ルッソ兄弟ではない ─ マーベル社長が認める

アンソニー&ジョー・ルッソ
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Anthony_and_Joe_Russo_by_Gage_Skidmore.jpg

アベンジャーズ』シリーズの第6作として製作が発表された『アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ(原題:Avengers: Secret Wars)』は、コミックの有名エピソードをタイトルに冠した一作。「シークレット・ウォーズ」の映画化には『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)のアンソニー&ジョー・ルッソ監督が強い希望を示していたが、本作にルッソ兄弟は関与していないことがわかった。

2022年7月23日(米国時間)にサンディエゴ・コミコンで開催された大型プレゼンテーションのあと、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、米Deadlineの取材に対し、『アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ』に「(ルッソ監督は)関わっていません」と明かした。「二人はとても積極的だったし、僕たちはお互いが大好きだから、一緒にできることを探したいと思います。けれど、それはこの作品ではありません」。

コミックの「シークレット・ウォーズ」は、1984~85年に展開されたマーベル史を代表する大型クロスオーバー・シリーズ。アベンジャーズやファンタスティック・フォー、X-MENなどが共演するこの作品をルッソ兄弟は幼少期から愛読し、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の公開前から「ケヴィン・ファイギには“シークレット・ウォーズをやるなら戻る”と言いました」とさえ話していたのである。しかしながら、ふたりの悲願は叶わなかった。

報道によると、マーベル・スタジオとルッソ兄弟は、第5作『ザ・カーン・ダイナスティ』を含む『アベンジャーズ』新作映画についての話し合いをしていないとのこと。また、ルッソ兄弟は自身の製作会社AGBOにて長編企画を3本進行しているため、スケジュール的にも関与することができないという。

『アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ』『アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ』は2025年の春・秋に連続公開予定だが、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)『アベンジャーズ/エンドゲーム』に匹敵する巨大2部作になるとみられるため、製作には相当の期間を要するはずだ。残り時間が3年を切っている今、おそらく企画開発は着々と進んでいることだろう。監督・脚本を務める人物が決まっていてもまったくおかしくないが、果たして?

映画『アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ(原題)』は2025年5月2日に、『アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ(原題)』は2025年11月7日に米国公開予定

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly