Menu
(0)

Search

サミュエル・L・ジャクソン70歳、あと10年はニック・フューリー演じたい ─ 『キャプテン・マーベル』ではCGで大幅若返り

キングコング 髑髏島の巨神 サミュエルLジャクソンインタビュー
©THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバースの記念すべき第1作、映画『アイアンマン』(2008)からニック・フューリー役を演じているサミュエル・L・ジャクソンが、今後10年間はフューリー役を演じ続けたいという意志を明らかにした

1948年12月21日生まれのサミュエルは、つい先日の2018年12月に御年70歳を迎えたばかり。1990年に42歳でブレイクした経歴を持つ彼は、ハリウッドにおける“遅咲き俳優”の一人としても語られる。その活動は非常に精力的で、一年間の公開作品が3本を下回ることは少なく、多い年には6本もの映画が発表される年もある。とにかく、とんでもない働き者なのである。

そんなサミュエルは、このたび米The Hollywood Reporterの取材にて、“80代までフューリーを演じられたら嬉しい”と述べた。次回作『キャプテン・マーベル』をもって、サミュエルはマーベル・スタジオとの9本にわたる出演契約を満了するが、今後もユニバースに残り続ける意志は強いようだ。

実際のところ、フューリーは『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)の続編映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年公開)にも登場することが判明しており、サミュエルは撮影を完了している。きっと『アベンジャーズ/エンドゲーム』(4月26日)でも姿を見せてくれることだろう。

インタビューの中で、サミュエルは「マーベル映画のアレック・ギネス(『スター・ウォーズ』オビ=ワン・ケノービ役)になれますね」と語った。ソニー・ピクチャーズが製作している『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の契約形態は不明だが、おそらくマーベル・スタジオとの出演契約も更新されることになりそうだ。もしくは、すでに更新されている可能性もある。

ちなみにサミュエルは、1995年を舞台とする『キャプテン・マーベル』ではCG処理で見た目を大幅に若返らせての出演となる。その表情は、1998年の映画『交渉人』のサミュエルをもとに造形されたということだ。

キャプテン・マーベル
MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータ イメージ

通常、CGで「若返り」を実現する場合は、本人と代役の若い俳優が同じ場面を演じ、あとから合成処理を施さなければならない。しかしアンナ・ボーデン&ライアン・フレック監督によれば、サミュエルにその必要はなかったという。

ライアン:サミュエルは素晴らしい見た目の70歳なんです。[中略](若返りの)テストや準備をしたところ、サミュエルならば通常の方法を使わなくてもいいとわかりました。すでに見た目がとても良かったからなんです。撮影をとてもスムーズに進めることができました。

アンナ:映画の冒頭5分間で、(サミュエルが)本当は70歳だってことを観客は忘れることになりますよ。

うん、あと10年くらいはぜんぜん大丈夫そうである…!

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月15日(金)全国ロードショー
公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/captain-marvel.html

Source: THR, Fandango

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly