Menu
(0)

Search

サミュエル・L・ジャクソンが選ぶ、最高のサミュエル・L・ジャクソン映画5本とは?

サミュエル・L・ジャクソン
©THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)や『スター・ウォーズ』などのメジャーシリーズをはじめ、『Mr.インクレディブル』シリーズなどのファミリームービー、そしてクエンティン・タランティーノ監督作品など幅広く活躍する名優、サミュエル・L・ジャクソン。この度、150以上の映画に出演を重ねてきた俳優本人が、“サミュエル・L・ジャクソン・ムービーのベストファイブ”を紹介した。

アメリカのトークショー「The Late Show with Stephen Colbert」にてサミュエルが挙げた作品は、レニー・ハーリン監督『ロング・キス・グッドナイト』(1996)、ジョエル・シュマッカー監督『評決のとき』(1996)、ケヴィン・レイノルズ監督『187』(1997)、フランソワ・ジラール監督『レッド・バイオリン』(1998)。最後の一作として俳優本人が選んだのは、タランティーノによる『ジャッキー・ブラウン』(1998)だ。スチュワーデスのジャッキー・ブラウンが武器密売人と警察を騙し、一攫千金を狙うという物語である。

タランティーノ作品としてはほかにも、『パルプ・フィクション』(1994)や『ジャンゴ 繋がれざる者』(2013)、『ヘイトフル・エイト』(2015)などもあるが、あえて本作を選んだ理由は不明だ。もっとも同作にてサミュエルは、ベルリン国際映画祭銀熊賞(男優賞)に輝いているため、その快挙も相まっての選択なのかもしれない。

ちなみにタランティーノ作品にて、サミュエルが最も気に入っている役柄は、『ジャンゴ』のキャラクターだと過去に証言していた。サミュエルが同作にて演じていたのは、黒人たちをいびり倒す奴隷頭のスティーブンだ。

Source: The Late Show with Stephen Colbert , Esquire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly