Menu
(0)

Search

サミュエル・L・ジャクソンが選ぶ、最高のサミュエル・L・ジャクソン映画5本とは?

サミュエル・L・ジャクソン
©THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)や『スター・ウォーズ』などのメジャーシリーズをはじめ、『Mr.インクレディブル』シリーズなどのファミリームービー、そしてクエンティン・タランティーノ監督作品など幅広く活躍する名優、サミュエル・L・ジャクソン。この度、150以上の映画に出演を重ねてきた俳優本人が、“サミュエル・L・ジャクソン・ムービーのベストファイブ”を紹介した。

アメリカのトークショー「The Late Show with Stephen Colbert」にてサミュエルが挙げた作品は、レニー・ハーリン監督『ロング・キス・グッドナイト』(1996)、ジョエル・シュマッカー監督『評決のとき』(1996)、ケヴィン・レイノルズ監督『187』(1997)、フランソワ・ジラール監督『レッド・バイオリン』(1998)。最後の一作として俳優本人が選んだのは、タランティーノによる『ジャッキー・ブラウン』(1998)だ。スチュワーデスのジャッキー・ブラウンが武器密売人と警察を騙し、一攫千金を狙うという物語である。

タランティーノ作品としてはほかにも、『パルプ・フィクション』(1994)や『ジャンゴ 繋がれざる者』(2013)、『ヘイトフル・エイト』(2015)などもあるが、あえて本作を選んだ理由は不明だ。もっとも同作にてサミュエルは、ベルリン国際映画祭銀熊賞(男優賞)に輝いているため、その快挙も相まっての選択なのかもしれない。

ちなみにタランティーノ作品にて、サミュエルが最も気に入っている役柄は、『ジャンゴ』のキャラクターだと過去に証言していた。サミュエルが同作にて演じていたのは、黒人たちをいびり倒す奴隷頭のスティーブンだ。

Source: The Late Show with Stephen Colbert , Esquire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly