Menu
(0)

Search

サンドラ・ブロック、『スピード2』を今でも後悔「やらなければ良かった」

サンドラ・ブロック
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9354441849/

キアヌ・リーブス主演のアクション映画『スピード』(1994)のヒロイン役で一躍名を知らしめたサンドラ・ブロックは、続編『スピード2』(1997)に出演したことを今でも強く後悔しているようだ。最新の取材で、作品のファンだったというインタビュアーに対し、サンドラが取った反応がその後悔を大きく物語っている。

『スピード2』は、前作の大ヒットを受けて製作されたものの、主演のキアヌ・リーブスが続投しなかったことが大きな要因の1つとなり、興行・批評の面で失敗に終わってしまった。このたび最新作『ザ・ロストシティ』のプロモーションで、米TooFabのインタビューに応じたサンドラは、過去の出演作で恥ずかしい思いをしたプロジェクトを訊かれるや、「誰も近寄らない所へ寄ったのが私です。今でも出演したことが恥ずかしいです」と話し、次のように続けている。

「その作品は『スピード2』と呼ばれています。私はこれまでも遠慮なく言ってきましたけれど。意味がわかりませんし、ボートが遅いし。島へゆっくりと進んでいくんです。」

サンドラの説明の通り、『スピード2』は暴走バスでのパニックアクションを描いた前作から舞台が豪華客船へと変更された。ここでインタビュアーからは「私は10代の頃に楽しめましたよ」とポジティブな反応が。するとサンドラは「あなたはハイだったんですか?」とジョークで返事。しかし、「12歳でした」と真面目な答えが飛んでくると、サンドラは「やっぱりハイだったんですね」と自虐的に返すだけで、決してお礼を口にはしないのだった……。

ところで、『スピード2』に続投しなかったキアヌ・リーブスは、その理由について2021年12月に口を開いている。いわく、「脚本に共鳴できなかった」のだという。もっとも、キアヌは「サンドラとは本当にまた共演したかったんです」とも語っており、やむを得ない惜しい事情があったことを明かしていた。ちなみに、2作品でメガホンを取ったヤン・デ・ボン監督は、『スピード』第3作の可能性について訊かれた際に、「物語次第だと思います」と答えていたが、これを耳にしたサンドラはどう反応するだろうか。

あわせて読みたい

Source:  TooFab,The Graham Norton Show(参照:CNN

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly