Menu
(0)

Search

閲覧注意『スケアリーストーリーズ 怖い本』ビジュアルノベライズ発売決定 ─ 本当に「怖い本」、映画公開に先がけて登場

スケアリーストーリーズ 怖い本

『シェイプ・オブ・ウォーター』(2018)のギレルモ・デル・トロ企画・製作・原案、全米のトラウマ児童書の映画版『スケアリーストーリーズ 怖い本』が2020年2月28日(金)に公開される。これに先がけて、モンスターの誕生秘話や秘蔵資料満載のビジュアルノベライズ「スケアリーストーリーズ 怖い本 ギレルモ・デル・トロ&アンドレ・ウーヴレダルの世界」が2月21日(金)にDUBOOKSより刊行される。

背筋が凍るような物語、挿絵の強烈なモンスター。一度読んだら忘れられない児童書『スケアリーストーリーズ 怖い本』は、ギレルモ・デル・トロにとって創造の原点。悲願の映画化にあたって、デル・トロはふたつのルールを決めたという。それは「(原作のように)短編を集めたアンソロジーにはしない」こと、そして「挿絵のモンスターをきちんとスクリーン上で息づかせる」ことだった。

【本の情報必須】スケアリーストーリーズ 怖い本

デル・トロのルールにのっとり、数か月かけて作られたモンスターたちは、原画以上にトラウマを与える存在に変貌した。失われた体の一部を探して彷徨う【大きな足指】、誰もが恐れおののく凶悪な顔つきをもつ【カカシのハロルド】、不気味な笑顔を浮かべて迫ってくる“青白い女”こと【ペール・レディ】。そして、挿絵では頭部のみの【ジャングリーマン】はデル・トロが創造力を駆使し、身体がバラバラになる究極生命体として登場する。

【本の情報必須】スケアリーストーリーズ 怖い本

ビジュアルノベライズ「スケアリーストーリーズ 怖い本 ギレルモ・デル・トロ&アンドレ・ウーヴレダルの世界」では、スティーブン・ガンメルが描いたモンスターがどのように本から飛び出したのか、貴重なコンセプト・アートや秘蔵写真のほか、『シェイプ・オブ・ウォーター』などのデル・トロ作品で特殊造形を務めるマイク・ヒルによるクリーチャー資料がたっぷりと掲載されている。さらに、映画本編では描き切れなかった詳しい人物背景の書き下ろしも収録。全192ページフルカラーで、『スケアリーストーリーズ 怖い本』をあらゆる角度から大解剖する一冊だ。

【本の情報必須】スケアリーストーリーズ 怖い本

【本の情報必須】スケアリーストーリーズ 怖い本

本書の中でデル・トロは、「子ども時代の経験や思い出は良いもの、楽しいものであるべきだと誰もが口を揃えるが、そんな“完璧な”環境で育ったとしたら、子供は現実の世界で生きる準備はできない。この本が素晴らしいのは、世の中には恐ろしい側面があると認めていることだ」と語っている。その恐怖を、この“本当に怖い本”でじっくりと堪能してほしい。

『スケアリーストーリーズ 怖い本 ギレルモ・デル・トロ&アンドレ・ウーヴレダルの世界』

スケアリーストーリーズ 怖い本

この本を読んでいる君が、物語の登場人物として出てこないことを、心から祈っている……。
――ギレルモ・デル・トロ(まえがきより)

タイトル 『スケアリーストーリーズ 怖い本 ギレルモ・デル・トロ&アンドレ・ウーヴレダルの世界』
著者/訳者 ギレルモ・デル・トロ[原案・まえがき]
リチャード・アシュリー・ハミルトン[著]阿部清美[訳]
ISBN 978-4-86647-116-7
判型など B5変形・並製・192頁オールカラー予定
価格 本体3,800円+税(予価)
発売日・部数 2020年2月21日(金)/2,000部限定発売
発売元 DU BOOKS
発行元 ディスクユニオン

新宿バルト9限定、ムビチケ&ポストカード特別セット

【本の情報必須】スケアリーストーリーズ 怖い本

セット内容 本『スケアリーストーリーズ 怖い本 ギレルモ・デル・トロ&アンドレ・ウーヴレダルの世界』&ポストカード&ムビチケセット
価格 価格:5,500 円(税込)
販売期間 2020年2月21日(金)~27日(木)
※限定数/無くなり次第終了

『スケアリーストーリーズ 怖い本』

ハロウィンの夜、町外れの幽霊屋敷に忍び込んだ高校生のステラたちは一冊の本を見つける。そこには、美しい手書きの文字で、噂に聞いた怖い話の数々が綴られていた。持ち帰った翌日から、子供たちがひとり、またひとりと消えていく。そして、その“怖い本”には毎夜ひとりでに新たな物語が書かれていった。物語の主人公は消えてしまった子供たち。彼らが“いちばん怖いこと”に襲われる物語がそこにあった。次の主人公は誰なのか、子供たちはどこへ消えたのか。“怖い本”の呪いからは、誰ひとり逃げられない……。

スケアリーストーリーズ 怖い本
©2019 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

原作は累計700万部もの売り上げを誇りながら、子どもたちにトラウマを与えたとして全米の図書館に置くことが禁じられた“最恐”の児童書シリーズ。企画・製作・原案のギレルモ・デル・トロが10代の頃に大きな影響を受けた本シリーズは、実際の事件を彷彿とさせる描写やおどろおどろしい挿絵に親や教師から苦情が殺到した。デル・トロの原点といえる作品の映画化にあたり、監督に起用されたのは『ジェーン・ドウの解剖』(2016)のアンドレ・ウーヴレダル。恐るべき映像表現とダークなユーモアの才能から、デル・トロに「この映画を任せられる監督は彼しかいない」と言わしめた。

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』は2020年2月28日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショー

あわせて読みたい

©2019 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly