Menu
(0)

Search

アーノルド・シュワルツェネッガー、背中に飛び蹴りの攻撃受ける ─ 南アフリカのイベントにて

https://www.youtube.com/watch?v=1ZpFhwJ4eGM Screenshot(2019年5月19日15時)

2019年5月18日(現地時間)、『ターミネーター』シリーズなどで知られる俳優アーノルド・シュワルツェネッガーが、南アフリカのイベントの最中に来場者の男性から飛び蹴りを受けるという事件が発生した。

シュワルツェネッガーは自身の主催するスポーツイベント「Arnold Classic Africa」のために南アフリカ共和国・ヨハネスブルクを訪問。会場にて、縄跳びをしている少年とのセルフィー(自撮り)を終えた直後、背後から男性のドロップキックを受けている。

オンラインでリアルタイム配信されていた映像では、攻撃の直前にこの男性が手を振りながらシュワルツェネッガーに近づき、画面外にいると思しきセキュリティに引き離される様子も確認できる。ドロップキックの直後、男性はセキュリティとみられる人物に拘束され、「助けてくれ、ランボルギーニをよこせ」と叫んでいる。

この事件がSNSなどで話題になったのち、シュワルツェネッガーはTwitterを通じてコメントを発表。「ご心配いただきありがとうございます。ですが、気にかけていただくことは何もありません」と無事であることを明らかにし、「人混みに押されたのかと思いました、よくあることですから。映像を見て、自分が蹴られたことに初めて気づきました」と述べている。「バカにSnapchatの邪魔をされなくて良かったです」とも。

なお、シュワルツェネッガーが飛び蹴りを受ける様子を別の角度からとらえた映像では、コメントの通り、シュワルツェネッガーがほとんど攻撃に動じておらず、男性が連れていかれる様子を呆然と見つめる姿が映し出されている。怪我などなく、ひとまずは無事で何よりである。それにしても御年71歳(2019年5月19日現在)、屈強すぎる…。

事件のその後はコチラ

Sources: Deadline, Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly