シーズン2完結!現代のツインピークス?ドラマ版『スクリーム』

映画のドラマ化作品が多い中、NetFlixオリジナル企画ということで注目を浴びた『スクリーム』。

原作は『エルム街の悪夢』シリーズの生みの親、ウェス・クレイヴンが90年代後半に立て続けにはなった新感覚ティーンエイジャースラッシャー。過去のホラー映画を筆頭にありとあらゆる“あるあるネタ”をぶち込み、そのうえで さらに“お約束”を再構築。2作目以降は“続編の在り方”にまで言及して見せるという、”恐怖と喜劇は紙一重”を見事に体現していた。

それが生みの親ウェス・クレイヴンがこの世を去るのと入れ替わるようにドラマ化。
今回は20年に前に起きたブランドン・ジェームズという男による殺人事件の記憶がまだ残る街・レイクウッドを舞台に過去との因縁を持つ女子高生エマとその仲間たちが 事件に巻き込まれ、さらに事件によって各々の秘密や関係性が明らかになっていくという、かつての大ブームを巻き起こした『ツインピークス』を思い起こさせるサスペンスドラマになっている。

スプラッター、スラッシャーは連続ドラマには不向きなジャンルといわれているが(ホラーは一気に見せてなんぼなので)今回はドラマでもかなりエグく、トーチャーポルノもビックリの血しぶきも見せてくれる。もちろん、オリジナル同様、“あるあるネタ”“お約束”は健在で、さらにスマホ、SNS、ポッドキャストなどの新しいアイテムも多数登場、ヒロイン側もゲームを展開する殺人鬼側もそれらをフル活用する。

最後に、映画ファンはぜひシーズン2の原題をチェック!

すべて、名作ホラー映画のタイトルになっているというスタッフの凝り具合が楽しめます。

そしてもちろんシーズン3への布石もたっぷり。

あえて注文を付ければ、今度は一話ごとの配信ではなくて一気見がしたい!

About the author

≒村松健太郎。脳梗塞との付き合いも10年目。 映画祭の審査員、映画学校を手伝い。シネマズBY松竹にて執筆も。 映画を広げるのに便利な舞台とか本とかも・・・・。黒手袋て杖をついていれば私です、

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。