Menu
(0)

Search

『スクリーム』最新作、予告編にオリジナルメンバーが集結 ─ あのゴーストフェイスが帰ってくる

scream スクリーム
https://www.youtube.com/watch?v=LtrbgB9lhzo

人気スラッシャー・ホラースクリーム』シリーズの第5作『スクリーム(原題:Scream)』に、シドニーらオリジナルメンバーが帰ってくる。2022年1月14日に米公開に先がけて、本国版の予告編が公開された

『スクリーム』シリーズは、おなじみのマスクをかぶった殺人鬼「ゴーストフェイス」が登場する、ブラックコメディとしての魅力もたっぷりな人気ホラー作品。本作は、シリーズ第4作『スクリーム4: ネクスト・ジェネレーション』(2011)から10年ぶりとなる5作目となる。シリーズの主人公シドニー・プレスコット役のネーヴ・キャンベルや保安官代理デューイ役のデヴィッド・アークエット、ゲイル・ウェザーズ役コートニー・コックスらオリジナルメンバーも続投する。

予告編では、シリーズおなじみのゴーストフェイスが健在だ。序盤、新キャストのジェナ・オルテガが演じる若い女性の元にゴーストフェイスが現れる。誰もいない家で起こる恐怖の一幕。映像の始まりから『スクリーム』らしさが満載だ。

次の場面では、デューイがシドニーに電話をかけ、ゴーストフェイスの仕業を知らせる。デューイいわく、この時点で3人の犠牲者が出ているという。シドニーは、デューイやゲイルに加え、事件に関わる若者たちも招集。迫りくるゴーストフェイスへの逆襲を試みる。市民に次々と襲いかかるゴーストフェイスだが、「やあ、シドニー」とマスク越しに呟くそのこもった声が表しているように、真の目的はシドニーなのだろう。どのような結末を迎えるのか、全く予想もつかない。

監督は、2015年に逝去したシリーズの生みの親ウェス・クレイヴンの遺志を継ぎ、『レディ・オア・ノット』(2019)のマット・ベティネッリ=オルピン&タイラー・ジレットが務める。脚本は『ゾディアック』(2007)や『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのジェームズ・ヴァンダービルト、「キャッスルロック」(2018-2019)のガイ・ビューシックが執筆した。

新キャストには「YOU ―君がすべて―」(2018-)のジェナ・オルテガをはじめ、「13の理由」(2017-)のディラン・ミネット、「ザ・ボーイズ」(2019-)のジャック・クエイド、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)マイキー・マディソン、『イン・ザ・ハイツ』(2021)のメリッサ・バレラらが名を連ねている。

『スクリーム(原題:Scream)』は、2022年1月14日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly