Menu
(0)

Search

『スクリーム』最新作、ポスタービジュアルが米公開 ─ おなじみのゴーストフェイス、意味深な言葉も

https://www.instagram.com/p/CU3A-EGl6Tp/

“君の好きなホラー映画はなんだい?”

スクリーム』スラッシャー・ホラーシリーズの第5作、『スクリーム(原題:Scream)』が2022年1月14日に米国にてお披露目となる。これに先駆けて、ポスタービジュアルが初公開された。

View this post on Instagram

Scream(@screammovies)がシェアした投稿

1996年に公開された第1作『スクリーム』(1996)から、第4作『スクリーム4: ネクスト・ジェネレーション』(2011)までナンバリングをつづけてきた『スクリーム』シリーズは、約10年ぶりとなる第5作で題名を一新。『スクリーム』としての原点回帰が期待される本作では、ネーヴ・キャンベルがシリーズのメインキャラクターであるシドニー・プレスコット役を再演し、デヴィッド・アークエットがデューイ役、コートニー・コックスがゲイル・ウェザーズ役として続投することも判明済み。

このたび公開されたポスタービジュアルには、『スクリーム』シリーズにておなじみの連続殺人鬼、ゴーストフェイスの姿が捉えられており、殺人鬼が手に持つナイフには、すでに血痕が付着している。「それはあなたが常に知っている人物だ(It’s Always Someone You Know)」と意味深な言葉も添えられており、これはゴーストフェイスの正体を巡る物語が、一筋縄ではいかない展開になることを予感させる内容だ。もしかしたら、これまでの登場人物に犯人がいるのかも……?

キャストには上述の面々のほか、「YOU ―君がすべて―」のジェナ・オルテガ、「13の理由」(2017-)のディラン・ミネット、「ザ・ボーイズ」(2019-)のジャック・クエイド、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)マイキー・マディソンらが名を連ねている。監督を務めたのは、『レディ・オア・ノット』(2019)のマット・ベティネッリ=オルピン&タイラー・ジレット。脚本は『ゾディアック』(2007)や『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのジェームズ・ヴァンダービルト、「キャッスルロック」(2018-2019)のガイ・ビューシックが執筆した。

『スクリーム(原題:Scream)』は、2022年1月14日に米国公開予定。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly