Menu
(0)

Search

マーベルの新ヒーロー「シャン・チー」の強さはアイアンマン超え? ─ 演じるシム・リウが並々ならぬ自信

シャン・チー

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)初のアジア系ヒーローが登場する映画『シャンチー・アンド・レジェンド・オブ・テンリングス(原題:Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings)』。「マスター・オブ・カンフー」とも呼ばれるヒーロー、シャン・チーの強さは未知数だが、演じるシム・リウによればアイアンマンハルクなど、これまでのMCUで活躍してきたスーパーヒーローたちをも上回る強さを誇るという。

伝説のカンフースター、ブルース・リーをモデルに生み出されたシャン・チーは、冒頭の通り「マスター・オブ・カンフー」の異名を持ち、ヌンチャクなどの武器を駆使しながら戦う武闘家ヒーローだ。初の実写化となるシャン・チーが、MCUでいかに登場するのか、そしてどれほどの力を秘めているのかは、公開を楽しみに待つファンの気になるところだろう。

このたびカナダのメディアToronto Lifeのインタビューに応じたリウが、シャン・チーの力量をとある方法で一足早く教えてくれている。アイアンマン/トニー・スターク、ハルク/ブルース・バナー、そしてブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ。この3人のMCUのヒーローたちと、シャン・チーが戦って勝つのはどっちか?という質問に答えてくれているのだ。三者三様であれ、いずれも「アベンジャーズ」の主要メンバーとして数々の激闘を乗り越えてきたヒーローたちに、シャン・チーは太刀打ちできるだろうか。

このマーベルヒーロー同士の戦いに、リウは「僕が勝ちます!シャン・チーです」と即答。続けて、リウはこう続ける。「ファンとして何時間も語れますけど、今じゃ僕も個人的に関わっていますから。彼らと戦うことも考えなければいけません。シャン・チーは確実にパンチを食らわせられますね」。アイアンマンのような鋼鉄アーマーを纏った相手でさえ、“パンチを食らわす”ことが出来るとは、どれほどのパワーなのだろう…。

並々ならぬ自信を見せるリウは、「彼の他のスキルやパワーについては、お待ち下さい」とも話し、その強さが拳だけに留まらないことを予告している。シャン・チーとアイアンマンらの対決が見られるのかはさておき、まずは映画『シャンチー・アンド・レジェンド・オブ・テンリングス』でお手並み拝見といったところだろう。ちなみに、シャン・チーを演じるリウは以前、自身のInstagramで華麗なヌンチャクさばきを披露していた。

リウのほか本作の出演者には、テロ組織テン・リングスの首領マンダリン役を『インファナル・アフェア』『レッド・クリフ』シリーズのトニー・レオンが演じるほか、『クレイジー・リッチ!』(2018)『ジュマンジ/ネクスト・レベル』(2019)のオークワフィナ、「スター・トレック:ディスカバリー」(2017-)のミシェル・ヨー、コメディアンのロニー・チェンが参加している。監督は『ショート・ターム』(2013)『黒い司法 0%からの奇跡』(2019)のデスティン・ダニエル・クレットン、脚本は『GODZILLA ゴジラ』(2014)などのデイヴ・キャラハムが務める。

映画『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス(原題)』は2021年7月9日(金)に日本公開予定。

あわせて読みたい

Source: Toronto Life

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly