Menu
(0)

Search

「シー・ハルク」おまけシーンが各話に登場する? ─「特別なご褒美」と脚本家が思い語る

シー・ハルク:ザ・アトーニー
(c) 2022 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)によるドラマシリーズ「シー・ハルク:ザ・アトーニー」では、マーベルファンにはおなじみのポストクレジットシーンがすべてのエピソードに登場するようだ。

ポストクレジットシーンといえば、MCU作品では本編後にほぼ毎回登場することでも知られているもの。次回作へと繋がる展開や新たな登場人物の紹介など、決して見逃せない重要な内容が描かれることが多いポストクレジットシーンだが、Disney+シー・ハルク」の第1話にもまた、コミカルなオマケシーンが登場し、まさかのネタにファンの間で大きな話題を呼んでいる。

観客や視聴者から楽しみにされているポストクレジットシーン、どうやら「シー・ハルク」のヘッドライターも大好きのようだ。米Colliderのインタビューにてジェシカ・ガオは、すべてのエピソードにポストクレジットシーンを投入することについて質問され、以下のように答えている。

「ポストクレジットシーンが大好きなんです。マーベル映画では、ポストクレジットシーンのために劇場で待っているのがたまらなくて。もちろん、マーベル映画以外のも大好きです。いつも特別なご褒美のような感覚で観ています。辛抱強さに対するちょっとしたご褒美みたいな。本当に楽しいボーナスなんです。[中略]だからこそ、ポストクレジットシーンを描きたいと常に考えていました。コメディ作家であれば、“もっとジョークを書いてください”と言われれば、もっとジョークを書きますからね。」

本作のヘッドライターでありエグゼクティブ・プロデューサーであるガオは、ドラマ「シリコンバレー」(2014-2019)やアニメ「リック・アンド・モーティ」(2013-)などを手がけてきたことでも知られている。コメディ作品を得意とする脚本家は、その経験を本編だけでなく、大好きなポストクレジットシーンでも活用しようと考えたわけだ。今後登場するであろうポストクレジットシーンもまた、コメディ路線で展開されていくのかもしれない。

ドラマ「シー・ハルク:ザ・アトーニー」は、ディズニープラスにて独占配信中。

あわせて読みたい

Source: Collider

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly