Menu
(0)

Search

『レディ・プレイヤー1』続編、主演タイ・シェリダンは「喜んで」

レディ・プレイヤー1
© Warner Bros. Entertainment Inc.

スティーブン・スピルバーグが、古今東西のあらゆる映画・ポップカルチャーの夢の共演を実現させたお祭り映画レディ・プレイヤー1(2018)の興奮は記憶に新しい。

その続編、『レディ・プレイヤー2』なんて映画は実現するだろうか?主人公ウェイド・オーウェン・ワッツ/パーシヴァル役のタイ・シェリダンが米Comicbook.comに語っている。

『レディ・プレイヤー1』は、アーネスト・クラインによる原作小説を元にした映画。この続編小説『Ready Player Two(原題)』が2020年11月に発売されることとなっており、その流れで「最近、“レディ・プレイヤー2”の質問を受けることが多いんです」というシェリダン。「ずっと聞かれ続けているんですが、僕も喜んでお答えしたい」とオープンな構えだが、「計画がどうなってるのか、まだ僕も知らないんです」とのこと。「幸運を祈ってます。もちろん、あの作品をまたやれるというなら、喜んで。もう1作、あるといいですよね」。

ガンダム対メカゴジラなど、想像を超えるドリームマッチも実現した『レディ・プレイヤー1』とあって、日本のファンの間で続編を望む声は大きい。日本からメインキャストに抜擢された森崎ウィン(トシロウ/ダイトウ役)も、「共演者たちとも、“続編でまた会おうね”って話している」と明かしていた。さらに、サマンサ/アルテミス役のオリヴィア・クックは1作目の時点で続編への契約も行っていたというから、実現の可能性はありそうだ。

ちなみにタイ・シェリダン、このコロナ禍で一度だけ劇場に出かけ、『TENET テネット』を観たそう。「クールでした。もう一回観たい」。

あわせて読みたい

Source:Comicbook.com

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly