Menu
(0)

Search

シャイア・ラブーフ、マーベルのスーパーヒーロー役の候補だった

シャイア・ラブーフ
Photo by John Bauld https://www.flickr.com/photos/themollusk/36949725591/ | Remixed by THE RIVER

2020年12月、『トランスフォーマー』シリーズなどで知られる俳優、シャイア・ラブーフFKAツイッグスという歌手で元恋人から性的暴行や虐待、精神的苦痛などで訴訟を起こされたことが判明。この一連の報道の中で、マーベル・スタジオがスーパーヒーロー役として彼を検討していたことが明らかになった。

Varietyによると、これは今回の訴訟が判明する前の出来事とのこと。シャイア・ラブーフ出演・脚本の半自伝映画、『ハニーボーイ』(2019)の高い評価を受けて、マーベル・スタジオが候補として彼の名を挙げていたようだ。実際に内部で興味を持つ人もいたようだが、最終的には会議が行われることもなかったという。

何の役柄として検討されていたのかについては言及されていないが、米Comicbook.comは、マーベルドラマ「ムーンナイト」に登場する多重人格の傭兵、ムーンナイト役として推測。同役に関しては現在、オスカー・アイザックが出演交渉中とも報じられている

クリント・イーストウッド特集

ちなみに、シャイア・ラブーフは当初出演予定だった、オリヴィア・ワイルド監督作『Don’t Worry Darling(原題)』では訴訟が判明する前の時点で解雇されていたという。その理由は、本人の酷い態度が原因だったようだ。

あわせて読みたい

Source: VarietyComicbook.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly