Menu
(0)

Search

『ソー&ロキ:ダブル・トラブル』発売 ─ ソーとロキの掛け合いがとにかく楽しいドタバタ劇【邦訳アメコミ】

ShoPro(小学館集英社プロダクション)より、マーベル邦訳アメコミの新刊ソー&ロキ:ダブル・トラブル』が2022年4月21日頃発売となる。

ケンカするほど仲がいい(?)ソーとロキが大暴れ。マリコ・タマキ×グリヒルによる「ダブル・トラブル」シリーズ第2弾だ。

本作『ソー&ロキ:ダブル・トラブル』の脚本を担当するマリコ・タマキはカナダ出身のライターで、いとこのジリアン・タマキと手がけた『THIS ONE SUMMER』(岩波書店刊)がアイズナー賞、プリンツ賞、イグナッツ賞など数々の賞を受賞して注目を集めた実力派。DCコミックスのYAシリーズ作品『ハーレイ・クイン:ガールズ・レボリューション』(小社刊)などの作品でも知られている。

作画担当のグリヒルは、日本人の人気イラストレーターユニットで、最近では同じくDCのYAシリーズ作品『スーパーマン・スマッシュ・ザ・クラン』(小社刊)がアイズナー賞、ハーヴェイ賞を受賞したことでも話題に。そんな人気と実力を兼ね備えた二人のクリエイターが手掛ける本作は、同じコンビで取り組んだ『スパイダーマン&ヴェノム:ダブル・トラブル』(ヴィレッジブックス刊)に続く2作目で、前作と同様に対照的なコンビのドタバタ劇を描いた作品。

今回も、いつものように兄弟げんかをはじめた雷神ソーと悪戯の神ロキ。ロキはソーに「試練」と称して父オーディンの宝物庫から魔法の角笛を盗みだすようそそのかす。すったもんだの末に手に入れた角笛で、なんとロキは街を破壊する大蛇を召喚してしまったからさあ大変。アスガルドは大混乱に陥ってしまう。挙げ句の果てに、不思議な力によって二人はそろって異世界に飛ばされてしまい……。

異世界では、2022年公開予定の新作映画『ソー:ラブ・アンド・サンダー(原題)』への登場が発表されて話題になっている女性版ソーや女性版ロキも登場して、事態はますますややこしいことに。はたして凸凹兄弟は無事に故郷に帰ることができるのか?難しい前提知識はいっさい不要。ソーとロキのかけあいがとにかく愉快で楽しい一冊だ。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly