Menu
(0)

Search

M・ナイト・シャマラン新作に『ジョジョ・ラビット』トーマシン・マッケンジー、『ヘレディタリー/継承』アレックス・ウルフらが出演交渉中

M・ナイト・シャマラン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/26104120186/

『シックス・センス』(1999)『ミスター・ガラス』(2019)などで知られるスリラー/ホラー映画の名手M・ナイト・シャマラン監督の新作映画(タイトル不明)に、『ヘレディタリー/継承』(2018)や『ジュマンジ』シリーズのアレックス・ウルフ、『ジョジョ・ラビット』(2019)のトーマシン・マッケンジーらが出演の契約交渉に入っていることがわかった。米Varietyが報じている。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nat & Alex Wolff(@natandalex)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Thomasin Harcourt McKenzie(@thomasin.mckenzie)がシェアした投稿

本企画は、シャマラン監督の次回作として米ユニバーサル・ピクチャーズのもとで進行されている。トーマシン、アレックスと共に、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(2019)のイライザ・スキャンレン、『ファントム・スレッド』(2017)のヴィッキー・クリープス、バリー・ジェンキンス監督の新ドラマ「The Underground Railroad(原題)」に出演予定のアーロン・ピエールも契約交渉中とのことだ。

脚本・製作・監督をシャマランが兼任する。企画はトップシークレットで進められているため、物語の詳細は不明であるが、新作は「不条理だけど現実的で、ダークなユーモアがある」とシャラマン本人は言及。複雑な物事も扱い、必ずしも観客にとって心地よい内容にはならないとされている。

2021年2月26日に米国で公開予定だった本作は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けて当分の間は撮影に入ることが困難とされたため、公開が無期延期で見送りに。現在も撮影再開時期、新たな公開日の目処は立っていないが、撮影は2020年末の再開を目指しているという。なお、シャマラン監督は本作のほか、ユニバーサルより2023年公開予定の企画も発表している

Source:Variety 

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly