『ボーダーライン/ソルジャーズ・デイ』緊迫の特報映像&ポスター到着 ― ルール無用、「戦争」の始まり

アカデミー賞®3部門にノミネートされた傑作サスペンス・アクション、映画『ボーダーライン』(2015)の続編『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』が2018年11月16日(金)に全国公開される。このたび、その衝撃的な世界観を恐ろしくも明快に示した特報映像とポスタービジュアルが公開された。


ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ

© 2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、あらゆるルールもモラルも通用しない麻薬戦争の恐るべき現実をえぐり出し、世界中を驚嘆させた映画『ボーダーライン』。その続編となる本作で、CIAのマット(ジョシュ・ブローリン)と暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)のコンビが挑む任務は、メキシコ経由でのテロリスト流入に危機感を抱いたアメリカ政府の命を受け、麻薬カルテル間の内戦を引き起こすこと。

公開された特報映像では、マットが「汚い手も必要だ」「ルールは存在しない」と告げ、アレハンドロが容赦なく銃を撃ち込む姿が映し出されている。兵士としての任務、復讐、ひとりの少女の命。激化する国境麻薬戦争の深い闇の中で、究極の選択を迫られたアレハンドロはいかなる決断を下すのか? 予測不可能にして非情な展開をみせる映像世界は、極限の緊迫感をみなぎらせて観る者を圧倒する。

 

脚本は『ボーダーライン』、『最後の追跡』(2016)でアカデミー賞®脚本賞に連続ノミネート、初監督作『ウインド・リバー』(2018)が日本公開されたテイラー・シェリダン。前作のドゥニ・ヴィルヌーヴに代わって監督を務めるのは、『暗黒街』(2015)やドラマ「ゴモラ」(2014-2016)でイタリア裏社会の闇を描いて高く評価されたステファノ・ソッリマだ。

映画『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』は2018年11月16日(金)より全国ロードショー

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』公式サイト:http://border-line.jp/

映画『ボーダーライン』続編、2018年11月公開決定!副題『ソルジャーズ・デイ』ジョシュ・ブローリン&ベニチオ・デル・トロ共演

© 2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。