Menu
(0)

Search

『ソー:ラブ&サンダー』シフ役ジェイミー・アレクサンダー、シフのスピンオフに意欲 ─ ベータ・レイ・ビルとタッグを希望

https://www.instagram.com/p/CfhJ_1zpbpk/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『マイティ・ソー』(2011)『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013)でシフを演じたジェイミー・アレクサンダーが、自身が演じるキャラクターを主人公にしたスピンオフをやりたいと意欲を見せている。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)には登場しなかったが、最新作『ソー:ラブ&サンダー』にシフ役でカムバックするアレクサンダーは、他の作品にも同役で出演している。米ABC製作によるマーベルドラマ『エージェント・オブ・シールド』シーズン1・2の2話で姿を見せ、ディズニープラス(Disney+)のドラマ「ロキ」シーズン1にもカメオ出演している。

シフ役で複数のマーベル作品にて活躍しているアレクサンダーが、自身のInstagramを更新。「もし、レディ・シフにドラマシリーズがあるとしたら、どんなのが観たい?私はベータ・レイ・ビルが登場するコミックが大好き。ウォルター・サイモンソンの作品をどう思う?」と投稿し、フォロワーに質問を投げかけている。

アレクサンダーが言及しているベータ・レイ・ビルはコミックでソーと深い関わり合いがあり、ムジョルニアを手にしたソーを打ち負かせる圧巻のパワーを誇るキャラクター。そして、ウォルター・サイモンソンとはコミックライター・アーティストで、ベータ・レイ・ビルが登場する作品を手がけている。

アレクサンダーは、馬のようなビジュアルのベータ・レイ・ビルとシフが一緒にフィーチャーされたコミックの画像数枚を投稿しており、2人がタッグを組むスピンオフにかなり前向きなようだ。ディズニープラスでは、MCUのキャラクターを主人公にした「ホークアイ」(2021)や「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021)が製作され、ウォーマシン/ジェームズ・“ローディ”・ローズに焦点を当てる「アーマー・ウォーズ」なども進行しているため、シフを主人公にしたスピンオフの可能性はゼロではないかも?

アレクサンダーがシフ役を再演する『ソー:ラブ&サンダー』は公開中。

Source:Instagram

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly