Menu
(0)

Search

『スパイダーマン』スピンオフ映画『シルバー・アンド・ブラック』、公開時期が未定に ─ 脚本作業に遅れか

マーベル
Photo by Stefan Scheele https://www.flickr.com/photos/spscheele/5435748481/ Remixed by THE RIVER

2019年公開を予定していた『スパイダーマン』シリーズのスピンオフ、『シルバー・アンド・ブラック(邦題未定、原題:Silver and Black)』の公開スケジュールが未定となった。米ソニー・ピクチャーズが発表したものとして、複数メディアが報じている。

マーベル・コミックスの人気女性キャラクターコンビを実写化する『シルバー・アンド・ブラック』は、トム・ハーディ主演の『ヴェノム』(2018年12月公開)に続く『スパイダーマン』スピンオフ映画の第2弾。2017年5月にはドラマ「フェリシティの青春」(1998-2002)や映画『リリィ、はちみつ色の秘密』(2008)で知られるジーナ・プリンス=バイスウッドが監督に決定し、同年8月には、同作が2019年2月8日より米国公開されると伝えられていた


この度公開スケジュールが2019年2月から未定へと変更されたものの、これは企画の頓挫を意味するものではないだろう。原因のひとつとして考えられるのは、バイスウッド監督が完璧な脚本を求めるが故の製作の遅れだ。

同作は『キャプテン・マーベル』のジェネバ・ロバートソン=ドゥウォレットと『Chaos Walking(原題)』(2019年3月米国公開)リンジー・ビアーが共同で脚本を手掛け、バイスウッド監督が仕上げ作業に参加していると伝えられている。5月には、バイスウッド監督は脚本を完璧なものにするために「脚本(の詳細)を詰めています。映画は脚本から始まる。スタート前に素晴らしい脚本を完成させ、”これで良い”と確信したいんです」と明かしていた

『シルバー・アンド・ブラック』は、コミック『スパイダーマン』シリーズに登場するシルバー・セーブルブラック・キャットを描くもの。シルバー・セーブルは戦争犯罪人を追う傭兵で、ブラック・キャットは元女泥棒のクライム・ファイターという設定だ。実写映画では「二人の傷ついた女性が生き残るために手を組む」というバディ・ムービーになると伝えられている。

映画『シルバー・アンド・ブラック(邦題未定、原題:Silver and Black)』の公開時期は未定。『スパイダーマン』スピンオフ第1弾『ヴェノム』は、2018年12月より全国公開される。

Source: Variety, Screen Rant

Writer

まだい
まだいEriko

日々筋トレに励んでいます

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly