Menu
(0)

Search

シャン・チー役シム・リウ、まったく違う役柄にも熱意 ─ 早くも「自分自身のイメージに挑戦したい」

シャン・チー/テン・リングスの伝説
© 2021 MARVEL

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)シャン・チー/テン・リングスの伝説』(2021)への主演で一躍世界にその名を知らしめたシム・リウ。激動するMCUはもちろんのこと、今後のハリウッド全体での活躍が期待されるニュー・スターとして、すでに複数の新作映画が待機中である。

The Hollywood Reporterにて、リウは早くも『シャン・チー』後のキャリアについて語っている。シャン・チー役としてのイメージが強いことを踏まえて、今後は新たなタイプの役柄に挑戦していく構えのようだ。

「モンティ・パイソンの言葉を借りれば、“さて、まったく違うことをやろう!”ということです(注)。『シャン・チー』のような武術アクション大作が成功した以上、もっとカンフー映画に出てほしいと思われることはわかっていました。けれど、僕がいつも大切にしているのは、僕自身のイメージに挑戦しつづけること。アジア系として、また一人の人間として。ジャッキー・チェンやジェット・リー、ブルース・リーといった伝説の俳優たちのことは尊敬していますが、僕自身の道はまったく違うと思っているんです。」

(注)映画『モンティ・パイソン・アンド・ナウ』(1971)の原題。

シャン・チーを演じた自分自身について、リウは「カンフーの達人というわけではまるでない、役を演じるため必死に訓練した一人の俳優」だと説明。おそらく、今後も同じスタンスで俳優業を続けていくことになるのだろう。

リウが『シャン・チー』に続く出演作として選んだのは、あるアドベンチャーレース・チームと負傷した野良犬を描く実話映画『Arthur the King(原題)』。その後は恋愛映画『One True Loves(原題)』で主人公エマの婚約相手・サム役を演じている。結婚が決まっている二人の前に、エマの失踪した元夫・ジェシーが帰ってくるという筋書きだ。おそらく、『シャン・チー』とはまったく違うリウの表情を見ることができるだろう。

ちなみに、リウが再びシャン・チーとしてスクリーンに登場する時期は不明。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は「答えはすぐに出る」と言っているが、いかに?

Source: The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly