Menu
(0)

Search

あまりのグロさにカメラマンが気絶、撮影一時中断 ─ 『スパイラル』脚本家の新作、出演者も「マジでヤバい」

50セント
Photo by TigerDirect.com https://www.flickr.com/photos/tigerdirect/12387205985/

50セント出演する新作映画の撮影現場で、あまりのグロテスクな内容に、カメラ・オペレーターが胃の調子を悪くし、そのまま気を失ってしまったらしい。出演者と監督が、現場での衝撃をSNSで紹介している。

グロテスクな画像が記事内に含まれていますので、ご注意ください。

そのホラー映画というのは、現在撮影中の『Skill House(原題)』。『スパイラル:ソウ オールリセット』(2021)の共同脚本家、ジョシュ・ストルバーグが監督を務める本作は、“ソーシャルメディアとインフルエンサーの文化を題材に、このジャンルに足を踏み入れた人々が名声を得るための行動を描く”内容と、Comicbook.comでは伝えられている。一方のEntertainment Weeklyでは、『ホステル』シリーズと「ブラック・ミラー」(2011−)を合体したかのような雰囲気に包まれた作品と説明されている。

この投稿をInstagramで見る

50 Cent(@50cent)がシェアした投稿

そんな本作の残酷ぶりを、キャストである50セントはInstagramにて、「カメラが撮影中に地面に落ちた。これはマジでクレイジーなものになりそうだ」とコメントを寄せるとともに、グロテスクな画像を一枚投稿。一方、Twitterにてストルバーグ監督も同じ画像とともに、「うわあ!!!昨夜、殺害の場面を撮影したんですけど、カメラマンが吐き気を催して気絶しまったんです。それでカメラが地面に落下してしまって。30分ほど撮影を中断せざるを得ませんでした」と、撮影現場で起きたことを振り返っている

その後、カメラ・オペレーターの体調は回復したそうだが、覚悟しておいて!」と容赦ない残酷描写を監督が大胆予告。この投稿に対して50セントは、 「カメラマンはあまりのリアルさに耐えられなかったんです」と失神理由を明かした上で、「ホラーをネクストレベルへと持っていこうとしているんです。これはゲームのルールを変えることになる」と意気込みを語っている

なお、プロデューサーのライアン・カヴァノーも撮影現場に参加していたようで、Entertainment Weeklyのインタビューにて「夜で薄暗く、大量の血が流れる恐ろしい場面を撮影している最中でした」と補足している。カメラマンが気絶するほどの残酷描写、覚悟のある方は、日本公開された際に観てみては……?

あわせて読みたい

Source:Comicbook.comEntertainment Weekly

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly