Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』アイアンマンの「鉄の意志」継承できるか ─ 新ビジュアル&ステルス・スーツの場面写真が到着

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

2019年6月28日(金)に日本にて世界最速公開を迎えるスパイダーマン映画の最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』より、新ビジュアルと黒いステルス・スーツをフィーチャーした場面写真が到着した。

トニー・スターク/アイアンマンの壁画を背景に、ピーター・パーカー/スパイダーマンは、アイアン・スパイダー・アーマーに身を包んで葛藤するかのような表情を浮かべている。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)でトニーにスカウトされたピーターは、前作『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)や『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)、そして『アベンジャーズ/エンドゲーム』を通じて師弟関係を深めてきた。


かたや本作で注目したいのは、スパイダーマンがおなじみの赤と青のスーツから一転、「ステルス・スーツ」と呼ばれるゴーグル付きの黒いスーツも着用すること。ピーター役のトム・ホランドは、このスーツについて「最高にクールだよ」とコメント。「赤と青のスパイディスーツを新たな方向にもっていくことにワクワクしてもらえると思います」とも述べている。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長によれば、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』はマーベル・シネマティック・ユニバースの「フェイズ3」を締めくくる最後の作品になるとのこと。本作でスパイダーマンはどんなミッションに挑むのか、そして師匠アイアンマンの“鉄の意志”を継ぎ、世界を守る真のヒーローとなることができるのか…?

ステルス・スーツの謎、ちょっとだけ知りたい人はこちら

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

ピーター・パーカー/スパイダーマンは、夏休みに学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かけることに。ところが、その旅先にニック・フューリーが突如現れる。ヴェネチア、ベルリン、ロンドンといったヨーロッパの各都市に、炎や水など自然の力を操るクリーチャーが現れて世界を危機に陥れているのだ。大きな危機を前に「僕はただの“隣人”だ」と怖気づくピーターに、ニックはベックという人物を引き合わせる。“別の世界”から来たというベックもまた、ピーターと共に敵に立ち向かうのだった。しかしこの人物、果たして敵か味方か? そしてピーターは、この危機をどう乗り越えていくのか。世界の未来は今、彼の手に託される…!

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

マーベル・シネマティック・ユニバースの各作品に続き、本作にはピーター・パーカー役のトム・ホランド、ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンらが続投。新キャラクターのクエンティン・ベック/ミステリオ役は『ナイトクローラー』(2014)などのジェイク・ギレンホールが演じる。もちろん、ゼンデイヤ演じるMJやジェイコブ・バタロン演じるネッドらクラスメイトたちも登場。監督は前作『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)に続いてジョン・ワッツが務める。

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年6月28日(金)世界最速公開

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』公式サイト:http://www.spiderman-movie.jp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly