Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』超緊張のサスペンスシーンあり ─ 前作マイケル・キートンとの「二人きりの車内」に匹敵

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
© 2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2019 MARVEL.

マーベル・シネマティック・ユニバース最新作スパイダーマン:ファー・フロム・ホームを、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)を経た「食後のデザートのような映画」と呼んだのは、ほかでもない製作総指揮のエリック・ハウサーマン・キャロル氏だ。ところがこのデザートは、やはり甘いだけではないらしい。

撮影現場で行われたインタビューでは、ピーター・パーカー/スパイダーマン役のトム・ホランドによって、本作には緊張感あふれるサスペンスシーンが存在することが明かされているのだ。その緊張感の高まり方は、前作『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)で、エイドリアン・トゥームス/バルチャー(マイケル・キートン)が、車内にてピーターに静かに語りかけるシーンに匹敵するという。それ、メチャメチャ怖いのでは?

スパイダーマン:ホームカミング
『スパイダーマン:ホームカミング』エイドリアン・トゥームス ©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

「顔面をぶん殴られたような気持ちになる」

前作『スパイダーマン:ホームカミング』は、少年ピーター・パーカーの成長譚でありつつ、そこに思わぬサプライズをもたらすストーリーテリングが大きな見どころだった。では、続編『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』はどんな内容になるのか。ピーターとエイドリアンが車内で二人きりになってしまう、あんな緊張感のシーンは本作にも存在するのか。この問いかけに、トム・ホランドは真正面から答えている。

この映画にも、観客のみなさんが顔面をぶん殴られたような気持ちになるシーンはあります。撮影中、(セットを)出てモニターで確認して、ジョン(・ワッツ監督)に“本当にこれで大丈夫ですか?”って確認したのを覚えてます。そしたら“ダメだね、このシーンは嫌われちゃうな”って言われて…でも、本当にそういう場面なんです。すさまじい。非常に緊張感があって、みなさんが足下をすくわれるという点で(バルチャーとのシーンに)よく似ていますね。最高ですよ。」

今回のトムはストーリーの内容をきちんと伏せているため、本作にどんな展開が待ち受けているのか、どんな種類の緊張感を味わえるのかまでは分からない。しかし「足下をすくわれる」ということは、やはり前作に匹敵するサプライズも用意されているということだろうか。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

『ホームカミング』『ファー・フロム・ホーム』を手がけているジョン・ワッツ監督は、実は『クラウン』(2014)『COP CAR/コップ・カー』(2015)というホラー/スリラーで才能を花開かせたクリエイターだ。前作でマイケル・キートン演じるバルチャーが恐ろしかったのは当然のこと、むしろ得意分野なのである。さて、今回はどんな仕掛けを張り巡らせているのか…?

とはいえ、ご安心いただきたい。「食後のデザートのような映画」だと語った製作総指揮のエリック氏は、本作について「リラックスして見られるし、ダークになりすぎる心配もしなくていい」とも述べているのだ。「だってスパイダーマンの映画ですからね」と。

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年6月28日(金)世界最速公開

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』公式サイト:http://www.spiderman-movie.jp/

あわせて読みたい

Source: SR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly