Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ついに完成 ─ 6月28日、日本にて世界最速公開

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の製作がついに終了、無事に完成を迎えたようだ。ジョン・ワッツ監督がInstagramにて報告している。

本作はトム・ホランド主演によるMCU版『スパイダーマン』単独映画シリーズの第2作。単独映画としての前作『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)や、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)に続いて、ピーター・パーカー/スパイダーマンの新たな冒険が描かれる。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

K movie’s done! What’d I miss @tomholland2013 @zendaya @tonyrevolori @angourierice @harryholland64 ???

Jon Wattsさん(@jnwtts)がシェアした投稿 –

このたびワッツ監督は映画の完成報告とともに、スパイダーマン役のトム・ホランドをはじめ、ミシェル役のゼンデイヤ、フラッシュ・トンプソン役のトニー・レヴォロリ、ベティ・ブラント役のアンゴーリー・ライスらが撮影現場でモニターをのぞき込んでいる写真をInstagramに投稿。「ストーリー」機能には、同じ写真に「みんなは何を見ているんでしょうか?」とのコメントを添えて投稿している。

なお、この投稿に名前の挙がらなかったネッド役のジェイコブ・バタロンは、「ちょっと!僕は?」とのコメントを送っており、これにワッツ監督は「なぜ名前がないか、君は分かってるでしょ…」との意味深な返答をよこしている。ということは、ジェイコブの演技をモニター越しに見つめているということなのだろうか?

ともあれ『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は、2019年6月28日(金)の日本での世界最速公開、ひいては6月26日(水曜日、米国時間)のワールドプレミアに先がけること約2週間半、無事に完成を迎えたことになる。ギリギリまで製作が続けられることもあるマーベル映画としては、やや余裕のあるスケジュールでゴールに到達したといえるだろう。あとは公開を楽しみに待つのみ…!




『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

ピーター・パーカー/スパイダーマンは、夏休みに学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かけることに。ところが、その旅先にニック・フューリーが突如現れる。ヴェネチア、ベルリン、ロンドンといったヨーロッパの各都市に、炎や水など自然の力を操るクリーチャーが現れて世界を危機に陥れているのだ。大きな危機を前に「僕はただの“隣人”だ」と怖気づくピーターに、ニックはベックという人物を引き合わせる。“別の世界”から来たというベックもまた、ピーターと共に敵に立ち向かうのだった。しかしこの人物、果たして敵か味方か? そしてピーターは、この危機をどう乗り越えていくのか。世界の未来は今、彼の手に託される…!

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

マーベル・シネマティック・ユニバースの各作品に続き、本作にはピーター・パーカー役のトム・ホランド、ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンらが続投。新キャラクターのクエンティン・ベック/ミステリオ役は『ナイトクローラー』(2014)などのジェイク・ギレンホールが演じる。もちろん、ゼンデイヤ演じるMJやジェイコブ・バタロン演じるネッドらクラスメイトたちも登場。監督は前作『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)のジョン・ワッツが務める。

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年6月28日(金)世界最速公開

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』公式サイト:http://www.spiderman-movie.jp/

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly