Menu
(0)

Search

8歳のトム・ホランド、『スパイダーマン2』ドクター・オクトパスが怖かった ─ 最新作『ノー・ウェイ・ホーム』で対決

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム バリ 記者会見 トム・ホランド
©THE RIVER

トム・ホランドは少年の頃、最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』で復活するサム・ライミ版『スパイダーマン』シリーズのヴィラン、ドクター・オクトパス(ドック・オク)のことが怖かったのだという。

ドック・オクが映画に登場したのは、2004年に公開された『スパイダーマン2』にて。ホランド、8歳の時である。英Empireにて、「僕はライミの映画にハマっていました」と話すホランドだが、アルフレッド・モリーナが演じたドック・オクに尻込みしていたそう。

メガネをかけて、脚と繋がっている(腰の)ベルトを締めた、あの姿のアルフレッドを初めて見た時を覚えています。その時は僕も子どもで、彼のことを怖がっていました。

まさか、その十数年後に本物のドック・オクと対決することになるとは、ホランドも驚いた、というより縮み上がったのではないだろうか。さらに、『ノー・ウェイ・ホーム』でホランドが対峙するドック・オクは『スパイダーマン2』当時のままの姿。つまり、8歳の時にスクリーン越しで味わった恐怖を直接味わったということになる。

その感想こそホランドは明かしていないが、『ノー・ウェイ・ホーム』の劇中写真には、ドック・オクから全力で逃げているピーター・パーカーの姿が確認できる。このシーンの撮影には、ホランドもさぞ気持ちが入ったことだろう。これは見ものだ。

あわせて読みたい

Source: Empire(参照:Comicbook

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly