Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』カットされた「愛しい」シーンが多く存在 ─ 脚本家が語る苦渋の決断

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、惜しくもカットを余儀なくされたシーンが多々あったという。カットか否かを判断するにあたっては、どのようなプロセスが踏まれていたのだろうか。共同脚本を務めたエリック・ソマーズが明かしている。

ピーター・パーカーのフィナーレにしてはド派手とも言えるか、『ノー・ウェイ・ホーム』には過去の『スパイダーマン』シリーズに登場したヴィランたちが揃って復帰したり、ドクター・ストレンジも参戦したり、そのアッセンブル感は『アベンジャーズ』シリーズを思わせる。ともあれ、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)から脚本を務めてきたエリック・ソマーズとクリス・マッケナには、『ノー・ウェイ・ホーム』の脚本作業で強いられた苦渋の決断があったようで、ソマーズは米Discussing Filmにこう語っている。

「辛い選択はたくさんありました。“もしこれをやれていたら絶対気に入っていた”と思うシーンだったり、“この2人のヴィランが一緒にアレを出来たら最高じゃないか”と思えていたシーンだったりが。でも(作品は)、ピーター・パーカーのためのものでなければいけないですし、それを一貫しなければいけません。“リトル・ダーリン(愛しきもの)”と呼んでいたもの(シーン)は本当にたくさんありました。ただただ愛しいと思えるような瞬間などが。でも時には、手放すことも必要で。

本作は、『ホームカミング』に始まったトム・ホランド版『スパイダーマン』シリーズ3部作の完結編であるだけではなく、MCUで長らく待たれてきたマルチバース展開を切り拓いたマイルストーン作品としても位置付けられている。重要な要素を絡み合わせ、1つの作品としてまとめ上げるのは、前2作とは違う困難が常に付きまとっていたはずだ。

ソマーズは“ピーター・パーカーのためのものでなければいけない”と語ったが、まさに“リトル・ダーリン”たちをカットするか否かの指標として据えられていたものこそ、それがピーター・パーカーにとって重要か、そうでないかというシンプルな問いだった。「結局は、『スパイダーマン』映画なんです」とソマーズ。「ピーター・パーカーの物語を伝えていかなければいけないですし、全てはそのために存在しているんです」と執筆作業の軸を強調した。

いわゆる“リトル・ダーリン”に該当するかはさておき、『ノー・ウェイ・ホーム』本編からカットされたシーンの1つが、本国アメリカでの封切り前から判明していた。トム・ホランドの弟、ハリー・ホランドのカメオ登場シーンだ。ハリーは、銀行強盗しているところをスパイダーマンに捕まってしまう「麻薬の売人」役として登場予定だったが、兄のトムが完成版を観た時にカットされていたのだという。

あわせて読みたい

Source: Discussing Film

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly