Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』全世界累計興行収入、10億ドル突破 ─ コロナ禍で初の記録

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『スパイダーマン』シリーズ最新作、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が2022年1月7日の日本公開に先駆けて、米国をはじめ世界中で絶賛公開中だ。この度、全世界累計興行収入が、10億ドルを突破したことが発表された

2021年12月17日に公開開始した全米では、公開週末3日間で興行収入2億6,013万ドル(約297億円)という驚異的な記録でNo.1となり、全米におけるオープニング興行成績としては、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)を抜いて歴代2位となった本作。公開2週目の週末3日間(12月24日~26日)の興行収入は8,150万ドル(約93億円)となり、全米2週連続No.1を達成した。全米における累計興行収入は4億6,733万1,855ドル(約533億円)となっている。

さらに、12月26日(日)までの全米以外の海外では、累計興行収入5億8,710万ドル(約669億円)となり、全米および海外の成績を合計した全世界累計興行収入は10億5,443万1,855ドル(約1,202億円)。早くも10億ドルを突破した。この数字は、2021年における全世界興行収入No.1映画となり、さらにはコロナ禍で全世界累計興行収入が10億ドルを突破した初の映画となった。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

世界中に正体が開かされてしまったピーター・パーカー。ピーターがスパイダーマンだという記憶を人々から消すために、危険な呪文を唱えたドクター・ストレンジ。その結果、マルチバースの扉が開かれ、過去シリーズのヴィランたちがスパイダーマンに襲い掛かる。最大の危機に晒されたピーターの「僕の責任だ。全員は救えない」という台詞の果てに、彼が下す選択とは。今、ここに全ての運命が集結する。

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、2022年1月7日(金)公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly