Menu
(0)

Search

大絶賛『スパイダーマン:スパイダーバース』早くも映画賞で1冠獲得 ― 大手レビューサイトでも高評価

スパイダーマン:スパイダーバース
SPIDER-MAN: INTO THE SPIDER-VERSE

『スパイダーマン』『アメイジング・スパイダーマン』シリーズや『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)とは異なる“新たなスパイダーマン”を描くアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』が、2018年12月15日の米国公開を控え、早くもすさまじい勢いをみせている。

Deadlineなどが報じたところによると、『スパイダーマン:スパイダーバース』は2018年のニューヨーク映画批評家協会賞にて最優秀アニメ賞を受賞。2017年は『リメンバー・ミー』、2016年は『ズートピア』、2015年は『インサイド・ヘッド』と、ここ3年はディズニー作品が栄冠を手にしていたところに入り込んだ形だ。
ちなみにそれ以前、2014年にこの賞に選ばれたのは『LEGO(R) ムービー』。『スパイダーマン:スパイダーバース』で製作総指揮を担当している、フィル・ロード&クリス・ミラーの監督作品である。

『スパイダーマン:スパイダーバース』は、米国で試写が行われるや批評家やジャーナリストから驚くべき支持を獲得。「2018年最高傑作」「スパイダーマン映画史上最高の一本」「アカデミー賞を獲ってほしい」といった絶賛の声がSNS上に溢れた。オスカー前哨戦のひとつともいわれるニューヨーク映画批評家賞を射止めた今、アカデミー賞も決して夢ではないだろう。

また本作は、米国の大手レビューサイト「Rotten Tomatoes」で桁外れの成績をみせている。現在53件のレビューが投稿されているが、そのすべてが好意的評価を示して“100%フレッシュ”を記録(2018年12月3日時点)。今後この数字に変動が生じる可能性はあるが、作品のクオリティはすでに折り紙つきといえる。

なお2018年ニューヨーク映画批評家協会賞では、最優秀作品賞をNetflixオリジナル映画『ROMA/ローマ』(2018年12月14日配信)が受賞。監督を務めた『ゼロ・グラビティ』(2013)のアルフォンソ・キュアロンは最優秀監督賞に選出されている。

『スパイダーマン:スパイダーバース』

革新的なヴィジュアルのアニメーションとともに、フレッシュなスパイダーマン・ユニバースが誕生する!

『スパイダーマン:スパイダーバース』の主人公は、ニューヨーク・ブルックリンの少年マイルス・モラレス。彼が暮らす世界には、スパイダーマンのマスクをかぶることができるのは一人だけではない、無限の可能性が秘められた<スパイダーバース>が存在していた。

スパイダーマン:スパイダーバース

主人公マイルズ・モラレス役は、ドラマ「ゲットダウン」(2016-2017)の新鋭シャメイク・ムーア。グウェン・ステイシー役は『バンブルビー』(2019年3月22日公開)のヘイリー・スタインフェルド、ピーター・パーカー役は『ジュラシック・ワールド』(2015)のジェイク・ジョンソン、スパイダーマン・ノワール役はニコラス・ケイジが演じる。

監督は『リトルプリンス 星の王子さまと私』(2015)脚本のボブ・パーシケッティ、『22ジャンプ・ストリート』(2014)脚本のロドニー・ロスマン、『ガーディアンズ 伝説の勇者たち』(2012)のピーター・ラムジー。製作総指揮は『LEGO(R) ムービー』(2014)のフィル・ロード&クリス・ミラーが務め、脚本はクリスとロドニーが共同執筆した。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は2019年3月8日(金)全国ロードショー。

『スパイダーマン:スパイダーバース』公式サイト:http://www.spider-verse.jp/

Sources: Deadline, Rotten Tomatoes

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly