Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ブラジル版タイトルティザー映像にマルチバースのヒント

sm3 brasil
https://twitter.com/SonyPicturesBr/status/1404499779137196032

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の『スパイダーマン』シリーズ第3弾『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(原題)』のティザー映像が、ソニー・ピクチャーズ・ブラジルの公式Twitterにて公開された。どうやらマルチバースに関するヒントが隠れているようで……。

このたび公開されたのは、ブラジル版のタイトルロゴを映したモーション映像。ポルトガル語で記された文章を訳すと、「士気が高まってきました!彼(スパイダーマン)自らがごちそうを運んで来てくれましたよ。ブラジル版のタイトルでしょうか?ついに手に入れました!#HomemAranhaSemVoltaParaCasa(タイトル)」となる。

米国では2021年12月17日に封切られるが、ブラジルでも同年12月に劇場公開が予定されている。ちなみに先日、ソニー・ピクチャーズ・アルゼンチンの公式Twitterでも同様のティザー映像が公開されたが、その後すぐに投稿は削除された。

わずか10秒の映像には、かねてより噂されている「マルチバース」の予兆が見て取れる。おなじみのテーマ曲が流れ、ナレーションが終了すると同時に、タイトルロゴに瞬間的な乱れが生じるのだ。2018年公開の映画『スパイダーマン: スパイダーバース』冒頭にも同様の乱れが見て取れる。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、『スパイダーマン2』(2004)からアルフレッド・モリーナがドクター・オクトパス役、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)からジェイミー・フォックスがエレクトロ役を再演することが判明済み。歴代スパイダーマン俳優のトビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドが出演するという噂も絶えないが、謎に包まれたままだ。

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、2021年12月17日米国公開予定。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly