Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』、前作『ホームカミング』のスーツが再登場か ― セット訪問キャンペーンの告知映像で

スパイダーマン:ホームカミング
© 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2017 MARVEL.

映画『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)の続編スパイダーマン:ファー・フロム・ホームで、主人公ピーター・パーカーが前作『ホームカミング』のスパイディスーツを着て登場する可能性が浮上している。

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれています。

スパイダーマン:ホームカミング
© 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2017 MARVEL.

ピーター・パーカー/スパイダーマン役のトム・ホランドは、このたびInstagramにて、自身のチャリティ団体“The Brother’s Trust”の新企画を告知。『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の撮影現場にファンを招待し、トムのメイクアップや撮影の様子を見学することができるほか、トムとのコミュニケーションが楽しめ、さらにロンドンのホテル3泊ぶんを用意することを明らかにした。このキャンペーンは全世界のファンを対象に実施されるようなので、ご興味がおありの方はウェブサイト(英語)にて詳細をご確認いただきたい。

さて、このたび『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のスーツに関する疑問が持ち上がったのは、この映像においてトムが『スパイダーマン:ホームカミング』に登場したものと思しきスパイディスーツを着ていたためである。
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)において、ピーターはトニー・スタークが製作した新たなスーツ「アイアン・スパイダー」を着用して戦っていたわけだが、再び以前のスーツに戻るということなのだろうか?

本作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は、ソニー・ピクチャーズのエイミー・パスカル社長によれば『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』の“数分後”から始まるという。したがって時系列上、ピーターはアイアン・スパイダーのスーツを使うこともできるはずなのだ。しかしながら、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でアイアン・スパイダーが登場したのは、ピーターがサノスの手下を追って地球を飛び出すことになったためだった。経緯はともかくピーターが地球に戻ってくる以上、再び以前のスーツを着ることは理にかなっているともいえる。

一方、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』で『ホームカミング』のものと思しきスーツが着用されるにせよ、そのスーツがこれまでより機能を向上させていないとも、また本作にアイアン・スパイダーがまったく登場しないとも言い切れない。もしも状況や敵に応じてスーツを使い分けるのだとすれば、これはピーターにとって大幅なパワーアップとなるはずだ。
また『スパイダーマン:ホームカミング』や『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』において、ピーター・パーカーは着用するスーツに関連して多かれ少なかれ内面の変化を示してきた。おそらく続編でも、なんらかの形でピーターとスーツの物語は続いていくことになるだろう。むろん『アベンジャーズ』第4作の内容がわからない以上、どんな展開が待っているかはまったく想像がつかないわけだが……。

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年7月5日に米国公開予定。前作『スパイダーマン:ホームカミング』のブルーレイ&DVDは発売中だ。

Source: Tom Holland
© 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2017 MARVEL.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly