『スパイダーマン:ホームカミング』米国興収で『アイアンマン』超え!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』には届かずか

映画『スパイダーマン:ホームカミング』の米国での興行収入が、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品の第1作『アイアンマン』(2008)の記録を突破したことがわかった。15歳の“新人ヒーロー”による単独デビュー戦は、まず“師匠”を超えるスタートに成功したことになる。

Box Ofiice Mojoは、2017年8月27日(現地時間)に『スパイダーマン:ホームカミング』の米国収入が3億1,880万ドルを突破した(推定)ことを報じている。これは『アイアンマン』の米国興収である約3億1,840万ドルをしのぐ数字であり、MCUのシリーズ第1作としては第2位の成績だ。なお第1位の記録を誇っているのは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)の約3億3,317万ドルで、『ホームカミング』の米国収入もここまでは届かないとみられている。

スパイダーマン:ホームカミング

cMarvel Studios 2017. c2017 CTMG. All Rights Reserved.

2017年8月28日現在、『ホームカミング』の米国収入はMCU全作品で第7位に位置しており、シリーズの幕開けとしてはきわめて順調なスタートといえそうだ。ちなみに過去の映画版「スパイダーマン」と比較すると、サム・ライミ版の3部作には至らず『アメイジング・スパイダーマン』2作よりは高いという成績となっている。2019年公開の続編でどんな推移を見せるのかという点にも注目したい。

いずれにせよ、『スパイダーマン:ホームカミング』がMCUの記念碑的作品である『アイアンマン』の成績を超えたことは、まぎれもなく“新時代のヒーローのスタンダード”としてのピーター・パーカーが人々に受け入れられた証左だろう。MCUは来る『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』そして『アベンジャーズ』第4作で大きな転換を迎えるが、そこでピーターはどんな変化に巻き込まれることになるのか……。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日より全国の映画館にて公開中

Sources:?http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=spiderman2017.htm
http://screenrant.com/spider-man-homecoming-iron-man-domestic-box-office/
cMarvel Studios 2017. c2017 CTMG. All Rights Reserved.

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。