Menu
(0)

Search

サノス役ジョシュ・ブローリン『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』撮影は「一番楽しい」

アベンジャーズ
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

映画アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』でジョシュ・ブローリンが演じるのは、かくも強力なヒーローたちの前に立ちはだかる“最強のヴィラン”サノス役だ。『アベンジャーズ』(2012)、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)などに登場して以来の再登場で、いよいよその恐るべき力があらわになるのである。

演じるブローリンは、サノス役として初めての活躍とその演技を心から満喫しているようだ。米エンターテイメント・ウィークリー誌のインタビューで、彼は撮影に対する心境を語っている。

『アベンジャーズ』の仕事は大好きですよ、今までで一番楽しいかもしれない。映像をほんの少しだけ見たけど、最高だった。最先端の技術を見せてもらえて本当に驚きましたよ。スクリーンで観ると、(サノスは)俺だけど、まるで俺じゃないみたい。とっても変な感じですね。」

ブローリンはサノス役をモーション・キャプチャーで演じるため、完成した作品ではその姿はCGで描かれることになる。しかし『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』では一人きりで撮影を行ったのに対して、本作ではほかの出演者と実際に関わり合いながら撮影を進めているようだ。

2017年8月28日現在、『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』の予告映像などは一般に公開されていない。7月に開催された「D23 Expo 2017」「サンディエゴ・コミコン2017」では本編映像が上映されているが、全世界のファンが本編の一部に触れられるのはもう少し先になりそうだ。しかしブローリンは、その予告映像と作品本編は「まるで違いますよ、全然違う」とコメントしている……。

映画『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

Source:?http://ew.com/movies/2017/08/25/josh-brolin-says-avengers-infinity-war-is-maybe-the-most-fun-ive-ever-had/
c Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly