Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』スノークのモデル、ターキン提督役ピーター・カッシングだったことが明らかに

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』スノーク
©Walt Disney Studios Supplied by LMK 写真:ゼータイメージ

スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)で謎と共に登場したファースト・オーダーの最高指導者スノークは、続く『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)で驚くべき幕切れを迎え、さらに『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)では意外な正体が明かされた。

スノークの正体を巡っては、『スカイウォーカーの夜明け』に至るまでに様々な考察が交わされた。この度新たに明らかになったところによると、もともとスノークの容姿のイメージは『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1987)で帝国軍のグランド・モフ・ターキンを演じた名優ピーター・カッシングだったという。クリチャー・デザイナーでシニア・スカルプターのアイヴァン・マンゼラがPodcast番組で明らかにした。

マンゼラはスノークのデザインについて、ピーター・カッシングがベースになっていたと認めた。「スノークはグランド・モフ・ターキンだったという説があったからです。すごく面白いなと思って」と話している。「(カッシングの)要素は分かると思いますよ。模型にもピーター・カッシングの要素がある。頬骨や、横顔やなんかですね」。

書籍『アート・オブ・スター・ウォーズ/フォースの覚醒 』には、マンゼラの言うスノーク初期デザインの彫刻の写真が収められている。ここでマンゼラは「若い時のスノークはとてもハンサムだったんだと思う」と寄せているが、同時にピーター・カッシングをイメージしたヒントも示唆していたのだ。「J・Jはスノークを、ハマー・フィルムのホラー映画に出てきそうな不気味な姿にしたいと言った」。ハマー・フィルムとはピーター・カッシングが活躍した名門ホラーメーカーだ。今回のPodcastでも、マンゼラはピーターを「ハマー的な参考」と語っている。

ところで、スノークは元々ターキン提督だったという説は興味深いものだ。ターキン提督は『新たなる希望』で、第一デス・スターと共に吹き飛ばされている。もしもターキンがスノークとして蘇っていたのだとしたら、この3部作は一体どんな物語になっていただろう?

Source:Force Material,
『アート・オブ・スター・ウォーズ/フォースの覚醒 』,フィル・スゾタック (著), リック・カーター (著), 秋友克也 (翻訳),ヴィレッジブックス,2015

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly