『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』製作費は2億5,000万ドル以上、シリーズ史上最高額に

スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の製作費が、シリーズ史上最高額にあたる2億5,000万ドル(約274億円)以上に達していたことがわかった(1ドルあたり約109円換算)。米Variety誌が伝えている。

これまでの「スター・ウォーズ」で最も高額の製作費を投じられたのは、2015年『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の約2億4,500万ドル。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)や『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)は約2億ドルが費やされたとみられ、『ハン・ソロ』はこれらを上回って史上最高額に達したようである。
ちなみにシリーズ第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977)は1,100万ドルで製作されており、この金額はインフレを考慮すると現在の4,500万ドルにあたる。それでも『ハン・ソロ』はその約5倍を必要としたのだ……。


しかしながら『ハン・ソロ』の製作費がこれほどの金額になることは、ウォルト・ディズニーやルーカスフィルムにとっても想定外だっただろう。Varietyは製作費が増加した要因として、当初監督を務めていたフィル・ロード&クリス・ミラーの降板による大規模な再撮影を挙げている。フィル&クリスの降板時点で『ハン・ソロ』の本撮影は3分の2を終了していたとされるが、同誌によれば、完成版の70%は後任者のロン・ハワード監督が撮影したものだというのだ。

ちなみに近年、大規模な再撮影によって製作費が高額になった例には、ワーナー・ブラザーズ&DCコミックス作品『ジャスティス・リーグ』(2017)の約3億ドルがある。同作はザック・スナイダー監督の途中降板により、ジョス・ウェドンが後任者として再撮影&仕上げ作業にあたっていた。

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は2018年6月29日より全国ロードショー

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』公式サイト:https://starwars.disney.co.jp/movie/hansolo.html

Sources: Variety, CBR
© 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。