スター・ウォーズ『ハン・ソロ』に『アイアンマン』運転手ハッピー役俳優が参戦!「重要なエイリアン役」演じる

スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に、強力な追加キャストが判明した。マーベル・シネマティック・ユニバース作品『アイアンマン』シリーズや『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)で、ロバート・ダウニー・Jr.扮する主人公トニー・スタークの運転手ハッピー・ホーガンを演じているジョン・ファヴローだ。

出演が発覚するきっかけとなったのは、2018年2月2日(米国時間)、ジョンが自身のTwitterに、『ハン・ソロ』のロン・ハワード監督&脚本家ローレンス・カスダンとの3ショット写真を投稿したことだった。

 

それから約2週間が経過した2月14日(米国時間)、ロン監督がこの写真の真相を説明。ジョンが『ハン・ソロ』で「とてもクールで、しかも重要なエイリアンの声を務めた」ことを明らかにしたのだった。役柄の詳細はわからないが、監督自らが「重要」と述べているあたり、単なるカメオ出演の類ではないに違いない。

ここでロン監督が「彼(ジョン)を『ライオン・キング』の監督業から引き離せてうれしい&幸せ」とツイートしているように、現在ジョンは実写版『ライオン・キング』の作業中とみられる。そう、彼は『アイアンマン』(2008)や『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(2014)、実写版『ジャングル・ブック』(2016)などを手がける脚本家・映画監督でもあるのだ。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の撮影を終えたばかりだと思われるが、『ライオン・キング』を製作しながら『ハン・ソロ』にも出演するなど、多忙なスケジュールを送っているようである。

 

ところで監督と俳優を兼任しているクリエイターといえば、何を隠そう、ロン・ハワード監督自身もそのひとり。ジョージ・ルーカス監督作品『アメリカン・グラフィティ』(1973)などに出演しているほか、最近もドラマ『THIS IS US 36歳、これから』シーズン2(2017)に本人役でゲスト出演していた。
では、監督自身は『ハン・ソロ』本編に登場しないのだろうか? とあるファンが質問したところ、ロンは「いいえ、チャンスがなくて。でも、聞いてくれてありがとう」答えている

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は2018年6月29日より全国ロードショー

Source: http://collider.com/han-solo-movie-cast-jon-favreau/
Eyecatch Image: Photo by Eva Rinaldi https://www.flickr.com/photos/evarinaldiphotography/25875971690/ Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。