Menu
(0)

Search

ゴズリング&ファスベンダー競演、『ソング・トゥ・ソング』公開決定 ─ テレンス・マリック監督作、ナタリー・ポートマン&ルーニー・マーラも

ソング・トゥ・ソング
© 2017 Buckeye Pictures, LLC

ライアン・ゴズリングマイケル・ファスベンダーナタリー・ポートマン、ルーニー・マーラという豪華キャストを巨匠テレンス・マリック監督が撮った、映画『SONG TO SONG(原題)』が、邦題『ソング・トゥ・ソング』として2020年12月25日(金)より全国公開される。

物語の舞台は、アメリカでも指折りの“音楽の街”オースティン。何者かになりたいフリーターのフェイ(ルーニー・マーラ)は、成功した大物プロデューサーのクック(マイケル・ファスベンダー)と密かに付き合っていた。そんなフェイに、売れないソングライター・BV(ライアン・ゴズリング)が想いを寄せる一方、恋愛をゲームのように楽しむクックは、夢を諦めたウェイトレスのロンダ(ナタリー・ポートマン)を誘惑。愛と裏切りが交錯するなか、思いもよらない運命が4人を待ち受けていた。

『地獄の逃避行』『天国の日々』といった名作を生み出してきた巨匠、テレンス・マリックとアカデミー賞を3度受賞した名カメラマン、エマニュエル・ルベツキが挑んだのは、夢と愛を秤にかけ、幸せを模索する4人の男女の物語。恋愛、成功、夢、友情……。彼女たちが一番欲しかったものは何なのか、自分はいったい何者なのか。美しい映像と音楽で彩られた珠玉の一作だ。

クリント・イーストウッド特集

出演者は『キャロル』(2015)『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』(2017)のルーニー・マーラ、『ラ・ラ・ランド』(2016)『ブレードランナー 2049』(2017)のライアン・ゴズリング、『X-MEN』シリーズや『それでも夜は明ける』(2013)のマイケル・ファスベンダー、『ブラック・スワン』(2010)『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(2017)のナタリー・ポートマンという豪華スターたち。さらにリッキー・リー、イギー・ポップ、パティ・スミス、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなどのミュージシャンも登場する。

映画『ソング・トゥ・ソング』は2020年12月25日(金)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly