Menu
(0)

Search

感情移入と違和感の連続に目が離せない『園田という種目』レビュー【SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016上映作品】

『園田という種目』あらすじ

園田が釈放された。大学時代の仲間たちは「園田を元気づけてやろう的な」会を開き、コールセンターの同僚たちは何も知らずに園田フィーバーに沸き立つ。仲間、同僚たちの、園田への思いは果たして…。

(公式サイトより引用)

本当に台本があるのかと疑うような会話の応酬

園田という種目_main
『園田という種目』 (C)松田真子・ガノンフィルムズ

映画作品に感情移入をしやすいタイプの人は要注意だ。なぜならこの作品は93分間、感情移入の嵐の応酬に襲われるから。

長編作品を3部に構成した展開されるこの物語。とある罪を犯して逮捕され、そして釈放された園田という男を軸に、彼の俳優仲間、そして釈放後彼が就職したコールセンターの職場の仲間たちが、様々な群像劇を見せる。

その会話が、まるで台本がないかのような自然すぎる会話なのだ。

ただ、それは流れるような会話ではない。当事者たちのそれぞれ違う思惑がアンバランスに交錯し、すれ違い、衝突し、誤解や苛立ちが絶えないその様子は、まるで何気ない日常生活の一部を切り取っているかのようだ。

随所にモヤモヤとそして笑いを盛り込むその展開に、あなたはきっと目を離せない。

ギクシャクから結末へと向かう流れに、きっと息を飲む

そんなすれ違いに満ち満ちたストーリー展開が、第3部「園田八段」で一変する。今までどこか腑に落ちない感情を味わい続けていた観衆は、一気に静かな感動に包まれる。

あれだけ膨らみ続けた物語があれだけ綺麗にまとまるのかと感嘆してしまった。監督、スタッフ、そして出演者が作り上げた繊細な人間描写にきっとあなたも息を飲むだろう。

序盤とラストで登場人物たちへの印象が一変する。そんな人間の複雑で美しい様を楽しんでほしい。

園田という種目_sub
『園田という種目』 (C)松田真子・ガノンフィルムズ

『園田という種目』 (C)松田真子・ガノンフィルムズ

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly