Menu
(0)

Search

『スポーン』リブート版、新脚本家が決定 ─ ジェイミー・フォックス&ジェレミー・レナーの契約から3年、再交渉の可能性も

スポーン

1990年代の人気コミックを再映画化する、リブート版スポーン(原題:Spawn)』に新たな脚本家が参加したことがわかった。米The Hollywood Reporterが報じている。

原作者トッド・マクファーレンが監督を務める本作は、2017年の夏から現行の企画が始動し、アル・シモンズ/ヘルスポーン役で『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)ジェイミー・フォックス、相棒の刑事トゥイッチ・ウィリアムズ役で『アベンジャーズ』シリーズのホークアイ役などで知られるジェレミー・レナーが出演することが決まっていた。しかし、その後は脚本作業と資金調達が難航し、当初予定されていた2020年内の撮影開始も、コロナ禍のため断念されている。

このたび、脚本家として新たに就任したのは、マーク・ウォールバーグ&ラッセル・クロウ出演の犯罪スリラー『ブロークンシティ』(2013)を執筆したブライアン・タッカー。現在はハリソン・フォード主演『逃亡者』(1993)のリメイク版にも参加している。監督のマクファーレンによると、もともと本作には“アカデミー賞受賞者”の脚本家が参加していたというが、当該の人物は2020年3月に離脱。それから約1年半を経て、タッカーに白羽の矢が立ったことになる。

なお、リブート版『スポーン』は当初の想定よりも企画が長引いており、ジェイミー・フォックス&ジェレミー・レナーの出演が報じられた2018年の夏からはすでに3年が経過している。今回の報道によれば、「俳優陣が現在も関与しているかは不明で、脚本の完成後に再交渉もありうる」ということだ。

『スポーン』は、CIAの工作員アル・シモンズが任務中に仲間によって殺害され、最愛の妻と再会するため、地獄の軍団構成員「ヘルスポーン」として現世に戻る物語。ところが死の5年後、シモンズの妻には新たな夫と子供がいて……。製作はマクファーレンとブラムハウス・ピクチャーズのジェイソン・ブラム、製作総指揮は『最後の追跡』(2016)のカーラ・ハッケンが務める。製作費1,000万~1,200万ドルの低予算だが、R指定を前提にした激しい表現が盛り込まれる予定だ。

Source: The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly